おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

アレルギーに関して

2018年7月アーカイブ

なな 様へ

DATE : 2018/07/21  CATEGORY :

問題ありません。

一歳になって除去負荷の今後。ぴーこまま 様へ

DATE : 2018/07/13  CATEGORY : アレルギー

1歳0ヶ月の娘の件です。
1歳になったのでまた血液検査を行いました。
今までの推移は下記の通りです。
【3月】卵白11.9牛乳1.42小麦0.10Lピーナッツ
0.17大豆0.62卵黄0.76コナヒョウヒダニ0.10
LヒトTARC定量8798
【5月】卵白4.68牛乳0.21小麦0.10ピーナッツ
0.10L大豆0.10Lアーモンド0.24サケ0.10L卵黄
0.44 バナナ0.10Lコナヒョウヒダニ0.10L
【7月】卵白3.55牛乳0.12小麦0.10Lピーナッツ
0.10L大豆0.29アーモンド0.10Lサケ0.10L卵黄
0.49 バナナ0.10Lコナヒョウヒダニ0.10Lオボム
コイド0.10L
今回の結果を受けて主治医から牛乳と卵の経口
負荷試験を勧められました。
卵はオボムコイドが0.10Lだからという理由です
が、先生のお考えでは確かクラス1以下になって
からとのことだったので、牛乳のみにしても
らおうと思っています。
5月の時に大豆が0.10Lだったので、納豆を少量
食べさせてみたところ、食べている最中に顎の
下に湿疹が出たのでそれ以降またお休みしてい
ます。授乳中なので私も大豆製品除去に戻しま
した。今回の検査では数値が0.29へ上昇してい
たのですが、今後どのように進めていけばよい
でしょうか。
数値の出ていた卵・乳製品・大豆製品・ピーナ
ッツを除去しても肌の状態が改善しなかったの
で、試しに私が小麦をやめてみたところ、かな
り良くなりました。(娘は小麦製品は一度麩を
食べたのみです。)
今もたまに悪化する日はありますが、薬を塗ら
ない日が増えました。なので小麦アレルギーを
疑っています。
血液検査では0.10L→0.10→0.10Lなのですが、
血液検査に表れなくても小麦アレルギーという
ことはあるのでしょうか。
来月から保育園に預けることになり、給食では
アレルギーに対応してくれると聞いているので
すが、保育園にはどのように伝えたらよいで
しょうか。
特に大豆と小麦についてどうしたらいいのか悩
んでいます。
ご質問者 ぴーこまま 様
お答えします  院長
アレルギーのIgE血液検査では、陰性でも症状の
出る人はいます。その場合、決め手となるのは
症状の出現です。お母さんの食物除去で軽快した
と、手ごたえがあるなら、当面止めてみるのも
良いと思います。
しかしながら、乾燥の時期から季節が変わった
とか、お子さんの胃腸管免疫力が、強くなった
とかの要因が、症状の軽快に関わっている事も
考えられますので、小麦アレルギーについては
まだ、断定出来ないとも言えます。
今後の方針としては、保育園入所までに卒乳し
て、園でのミルクも含めてアレルギー用のもの
に変える事として、なるべく三回食でしっかり
栄養をとれるようにして、当面は小麦製品もや
めておいて大豆・小麦はみそ、しょうゆなどの
調味料から開始してはいかがでしょうか。
牛乳負荷試験で、問題が無ければ許容範囲量を
主治医と相談して普通のミルク(大抵の保育園
では、一歳なり立ての児には乳児用粉乳が供さ
れますが、フォローアップミルクや牛乳よりは
カゼインが少ないので)を飲ませてあげられる
かも知れません。
また半年ほどして検査して、陰性なら豆腐で
負荷試験を受け、その後の皮膚の様子をみて
小麦製品の負荷をしてみてはいかがでしょう。
卵はもう少し、ラスト1まで待って負荷試験を
受けてみると良いと思います。

さくら 様へ

DATE : 2018/07/09  CATEGORY :

 普通、血液の汚れは、時間がたつと、赤いというより

赤茶けた黒っぽい色に変わるので、血液でない可能性が

あるかと思います。また、汚れが血液だったとして、

エイズは病気自体が稀になっていますし、濃厚接触以外

は移りにくいです。B型肝炎ウイルスも、そう簡単には

感染しにくいものです。

 しかし、お母さんが気に留めておいて、お子さんの

健康に問題が出て、小児科を受診された時には、こういう

事があったという事実を医師に告げると良いと思います。

喘息。内服薬と吸入療法。環境アレルゲンについて。ねこ様へ。

DATE : 2018/07/07  CATEGORY : アレルギー
ご回答ありがとうございます 何度も申し訳
ありません。転居してかかりつけ医が定まって
いない状況です。
以前は4歳からオノンとアレジオンを4年間飲ん
でいましたが、キプレスとオロパタジンに切り
替えることは問題ないでしょうか?
あとインタールというのはインタールエアロ
ゾルでよいでしょうか?
かかりつけとなる医師に相談したいと思います。
血液検査ではハウスダスト0ですが、畳の上に寝
ると調子が悪くなるなどほこりなどにも反応し
ているとおもわれるんですが他のアレルゲンが
ベースとなっているのでしょうか?
ご質問者  ねこ 様
お答えします 院 長
オノンとアレジオンを、キプレスとオロパタジン
に変更するのは、問題ありません。
インタールエアロゾルは、最近使用する人は少な
いです。子供さんの場合、しっかり吸入出来てい
るかという問題もあります。吸入器を使用して、
吸入液としてのインタールを吸入してもらう方が
確実です。発作がある時は、気管支拡張剤である
メプチン吸入液を加え、発作がきつくて止まりに
くい時はステロイド系の吸入液を更に加える様に
することで、お子さんの苦しみと、喘息の予後を
良くすることができます。
環境アレルゲンとしてはダニ(粉ダニ、やけ表皮
ダニなどのいわゆる埃ダニ)と、家屋内に生息する
カビの胞子が、問題になります。以前にペットを
飼っていた家屋なら、ペットのフケなどが畳の奥
に残っていることも。どれにせよ、畳は、それら
環境アレルゲンの温床となります。
アレルギーのある人にとっては、畳・カーペット
ソファーなどは良くありません。
フローリングの床にスッキリ片付いた部屋で換気
良く、室内の湿度が低いようにするのがベターで
す。布団は抗ダニ布団か、丸洗いできる寝具を、
半年に一度は丸洗いするようにしましょう。

喘息について。ねこ様へ。

DATE : 2018/07/06  CATEGORY : アレルギー
8歳娘がおりますピーナツ 卵、花粉アレルギー
があります。先日は卵アレルギーについてご回答
いただきありがとうございました。
キプレスを花粉の時期に飲むことし、休薬して一
週間後、感染症にかかり2週間咳が止まらない
(ウイルス性気管支炎と喘息)の状態です。
休薬していたことが悪かったのでしょうか?
それとも強いウイルスに勝てないだけなのでしょ
うか?
いつも風邪をひくと長引き悪化しやすく生理食塩水
の超音波温熱吸入器を毎日朝晩鼻と口から吸入して
います気管支炎の時や喘息の時は使わない方がよい
でしょうか?
何とか風邪に負けず学校に行ってほしいのですが
抗生剤を小さいころから随分飲んでいて
さらに弱くなってしまったような気がします
去年もアデノウイルス、肺炎、インフルから喘息
と感染症にかかり欠席が多いです。
そのたびに病院通いも何回もしなければなりません。
ヨーグルトや納豆を食べて腸内環境を整えている
つもりですが,他に何か体(気管支)が強くなる方法
はないでしょうか?
今飲んでいる薬オロパタジン、キプレス、アドエア
宜しくお願いいたします
ご質問者 ねこ 様
お答えします 院長
 キプレスを休むのは、真夏・真冬のみが良いでし
ょう。梅雨時は喘息が起きやすいので、続けている
方が良いと思います。
 環境アレルゲンとしてのダニ・カビが屋内に増え
やすいので、室内の湿度を下げることが大切です。
生理食塩水の吸入は、大人の肺気腫以外は、すすめ
られていません。吸入するなら、日常のインタール
吸入、症状の強いときは、ステロイド剤の吸入で、
気管の炎症を治めることが必要だと思います。
吸入でステロイド薬を使用することは副作用も少な
く、早く炎症をおさめるので、喘息の慢性化を防ぐ
ことに有用だと思います。。
 抗ヒスタミン剤のオロバタジン、キプレスは続け
て、アドエアはきちんと吸えているか確認してくだ
さい。
 日本脳炎予防接種は卵アレルギーでも受けられま
す。毎日の規則正しい生活と、朝晩のインタール吸
入、アレルゲンの排除が、体質改善につながるでし
ょう。

離乳食で同一食品を毎日あげることとアレルギーについて。あい様へ

DATE : 2018/07/03  CATEGORY : アレルギー
はじめまして。先生に直接ご回答いただけるよう
なので、質問させていただきます。
現在、7ケ月児で2回食をしている子供がいます。
便秘が続いているのでバナナ・ヨーグルト・豆腐
を毎日食べさせ続けていましたが、同じ食品を
食べ続けていると、アレルギーを発症しやすいと
いう記述を見つけました。
そこで質問なのですが、
? 1食分の摂取目安を守っていても、同じ食品を
継続して食べているとアレルギーになるリスクが高
くなるのでしょうか。
? たとえば別の食品であってもアレルギーのもと
となるものが同じであれば、毎日食べていると
アレルギーになるリスクが高くなるのでしょうか。
(例:原料が大豆である豆腐、納豆、きなこなどを
ローテーションして毎日食べていても大豆アレルギ
ーになるリスクは豆腐を毎日食べ続けるリスクと
変わらないのでしょうか)
ご質問者 あい 様
お答えします 院長&管理栄養士
 アレルギー体質が確認されている児、または両親
のどちらか若しくは両方に、アレルギー体質(花粉症
も含め)が確認されている場合、食べ物アレルギー
を起こしやすい食品(牛乳・乳製品、卵・卵製品、
大豆・大豆製品、小麦・小麦製品、ほかに親御さん
に木の花粉症がある場合は果物類、ナッツ類、ゴマ
など)にアレルギーを獲得しやすい傾向があるので
注意が必要です。とくに親族に、杉などの木に強い
花粉症の症状のある方がおられる児では、バナナを
調べると、よくバナナアレルギーが確認されます。
 ですので、アレルギーリスクの高いお子さんであ
れば、同じ抗原性を有する食品を現在料とした食品
を毎日食べ続けることにはリスクがあります。
 ヨーグルトについては、乳児期の栄養であるミルク
にアレルギーが無ければ、発酵していてアレルゲン性
が少ないので続けても差し支えないかと思います。
ただヨーグルトアレルギーというものも確認されて
いて、中には牛乳アレルギーの無い人もいますので
アレルギー体質の方の場合は注意が必要です。

« 2018年6月 |  メイン  | 2018年8月 »

最近のエントリー

検索

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ