おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

アレルギーに関して

一歳児の自宅での負荷試験。おこちゃん様へ。

DATE : 2018/03/12  CATEGORY : アレルギー

少し前に質問させていただいた者です。もう少し詳しい情報
を伝え、先生からアドバイスいただきたいと思いました。

現在、1才9ヶ月の息子は、6ヶ月のときに粉ミルクを飲んだ
ところ、全身の蕁麻疹と少し呼吸がしにくそうな感じがあり
ました。そのときのアレルギー検査で、
ミルク1.73 カゼイン3.86 βラクトグロブリン1.03という結果
でした。
4ヶ月後の検査では、ミルク1.10 卵白3.60 カゼイン2.65
卵黄 1.78 βラクトグロブリン 0.42という結果でした。乳と卵の
除去をしています。アレルギー反応があった日から1年後の検査で、
卵白 6.71 卵黄2.03 ミルク1.10 カゼイン 0.82という結果で、
卵は除去、乳はお家で少し試してみてとのことを言われました。
保育園に通っているため、頻繁に風邪をひいたり、体調が万全と
いえないことが多かったため、なかなか乳製品を試せず
にいましたが、アレルギー反応がでたこともあり家で乳製品を
試すことがなかなかできません。
やはり、家で試すことはやめた方がよいのでしょうか?

ご質問者 おこちゃん 様

お答えします 院長

お子さんの場合、初めての症状出現が即時型反応の蕁麻疹と
呼吸器症状の伴った疑いもあるとのこと。
 現在の牛乳の数値はカゼインの数値は、3.86から0.82
へと非常に改善してきているものの、乳全体の数値は1.73→
1.10と余り低下していません。
 年齢的に前に述べたように、自覚症状を本人が訴えにくい
ことも考慮すべきですし、1.2歳代は抗体産生が活発な時期
であるということもあります。
 その他、同じように負荷しても、運動・入浴・胃腸炎など
が症状を誘発しやすくするなどの不安定要因も考慮しなくて
はなりません。
?以上の点から、もしも負荷試験をするなら専門医の指導の
もと、院内負荷試験を行っている医療機関でするべきだと思
います。
?

最近のエントリー

検索

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ