おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

アレルギーに関して

6か月の児のアレルギー検査値。なな様へ。

DATE : 2018/03/14  CATEGORY : アレルギー

こんにちは。
先日離乳食で初めてお昼に豆腐を食べてみたところ、
夕方お風呂に入ろうとして服を脱がせたときお腹と
背中が(膨らみはない)赤くなっていました。
いつ赤くなったのかはわかりませんが次の朝には消
えていました。
病院でアレルギー検査をしたところ
非特異的lgE 10以下
卵白 0.62UA/ml クラス1
卵黄 0.32
小麦 0.28
w-5グリアシン 0.30
TARC 666
問題の大豆は出ませんでした。皮膚の湿疹はあります
(よだれかぶれかわかりません)
卵、小麦は除去指導。母乳よりミルク。3ヶ月後に
再診予定。この場合、母乳からのアレルゲンで数値は
増えてしまうのでしょうか?
この月齢で卵白の数値は高いとおっしゃっていたので
不安です。また、グリアシンが高いのは良くないとも...。

ご質問者 なな 様

お答えします 院長

0才児では、検査値に充分反映しにくいので、低い数値
でも注意は必要だと思います。
母乳からのアレルゲンでも数値は増えてしまいます。
母乳でも、お母さんがアレルゲンと確認されたものを
食べさえしなければ、問題ないと思いますが、この子の
場合、小麦もお母さんが食べないようにするかグルテン
フリーのものを食べてもらう必要があるでしょう。
6か月を過ぎると、母乳の免疫学的価値と栄養学的価値
は低くなるので、お母さんが除去してまで母乳を続け
なくてもという考え方もあると思います。
即時型反応の疑いもあるので、主治医の先生の意見に
従っていかれ、3か月後の再診で、お子さんの成長に
伴ったアレルギーの変化を見て貰うと、もっとはっきり
したことが分かると思います。
離乳食は白米を良く砥いで粥にしたものと、アクの少な
い野菜のすりつぶし、旬の白身魚を少しずつ始めて栄養
のバランスをとるようにしてください。朝は6時台に起こ
し、夜は8時には寝かせるように生活リズムを整えて自立
神経を強く育てましょう。そういう基本がアレルギー体
質を改善する力になります。

最近のエントリー

検索

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ