おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

アレルギーに関して

8か月児。大豆アレルギー。

DATE : 2017/10/17  CATEGORY : アレルギー

8ヶ月の男の子ですが、7ヶ月のときに3週間下痢が続
き、離乳食はおかゆと消化のよい野菜のみにしていまし
た。治ったところで、(以前は普通に食べていた)豆腐を
久々に食べたら、二時間半後と四時間後の2回、大量に
吐きました。湿疹や蕁麻疹などの症状はなかったです。
よく考えると、3週間下痢が続いた時も、初日に水煮の
大豆を食べていました。
小児科を受診したところ、2回大豆類で症状が出てるの
でアレルギーの血液検査をしました。
結果は大豆を含めて全て(卵白、乳、小麦)陰性クラス0
でした。しかし、IgEが43でアレルギー体質であること
と、陰性でもアレルギー症状が出ることがあるというこ
とで、一歳まで大豆、豆腐、納豆などは食べないことに
なりました。
そこで教えていただきたいのですが、
質問1母乳で育てていますが、母親である私は豆腐や納
豆をよく食べるのですが、控えた方がよいですか。
質問2久々に豆腐を食べた時に、サイズを大きくしてし
まい、四時間後の2回目に吐いた時に、豆腐がそのまま
出てきました。なので、豆腐のサイズが原因ではないか
と思う節があり、吐くのを覚悟でもう一度豆腐を食べさ
せてみようかと思うのですが、危険でしょうか。
質問3大豆アレルギーでも納豆なら食べられる人が多い
ようで、試す価値はありますか。
質問4いろいろ調べていましたら、大豆アレルギーで
も、一口くらいで反応が出ないようなら、少しずつ増や
していくとよいという内容がありました。一方で、アレ
ルゲンが積もっていくので、一歳頃まで除去した方がよ
いという内容もあり、どちらが現在の主流なのでしょう
か。質問?をやってみた場合、食べれるようなら少しず
つ増やして行くか、それとも一歳まで除去するか悩んで
います。

ご質問者 かえる 様

お答えします 院長

一歳になるまでは、胃腸管粘膜がまだ未熟で弱く、腸管
の免疫力も低いので、アレルギー体質が確定的であり、
下痢・嘔吐などの症状との因果関係が、推測できる場合
個別の検査値に出なくても、止めておくのが正しいです。
質問1については、私は念のため、お母さんも控えめに
されることをお勧めします。
質問2について、危険だと思います。
質問3について、納豆は発酵しているので、大豆タンパク
質が変性していてアレルゲン性が弱まっていますが、
摂取タンパク質の量として多くなるので、一歳になるま
では待つことをお勧めします。
質問4について、大豆では重篤なアナフィラキシーなどの
症状は起こしにくいとされているので、負荷を早めにし
て少しずつならすというのには卵などに比べて危険性が
少ないですが、それは胃腸管免疫力の成長を期待しての
ことですので、お子さんの場合、胃腸管症状が出た原因
物質として疑われる場合は、胃腸管のしっかりした成長
が前提となります。主治医の先生のご指導は正しいと
思います。今後も焦らず、主治医の先生に相談して行か
れることをお勧めします。

最近のエントリー

検索

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ