おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

アレルギーに関して

八か月児。卵アレルギー。負荷試験で反応。

DATE : 2017/01/11  CATEGORY : アレルギー

はじめまして。
先日、8ヶ月の娘の卵の負荷試験を行いました。
血液検査の結果は、IgE27、卵白1.54のクラス2です。
負荷した物はゆで卵を3時間おいた後に卵白と分離
した卵黄です。当日は、その卵黄を半分食したところ
で顔とお腹に赤みがでて、負荷試験中止となりました。
かかりつけ医師にはクラス2だけれど重度の卵アレルギ
ーと診断されました。ですが、自宅で食べさせるとき
には、3時間おいた卵黄を食べさせることはなく、
出来上がってすぐに卵黄と卵白を別にした卵黄を食べ
させると思います。出来上がってすぐに卵白と分
離した卵黄には、3時間おいた卵黄の1000分の1にも満た
ない卵白しか移行されないとかかりつけ医師から伺い
ました。
そこで素人目で疑問に感じたのは、娘はアレルギーは
あるも8ヶ月という月齢で食べた卵白の抗原性が強かった
のではないでしょうか。
本当に重度の卵アレルギーなのでしょうか。

ご質問者 えったん 様

お答えします 院長

8か月児で、卵白クラス2もあれば、私なら負荷試験を
しません。卵黄に移行するタンパク質は茹でている
過程でも微量は移動しますし、乳児期は検査値に反映
しにくい場合もあるので、卵黄にもアレルギーが無い
とはいえません。その上、まだ胃腸管が未熟な時期で
あるので、腸管での選択的吸収もしにくく、分子構造
が大きいまま吸収されてしまうこともあるので、余計
アレルギー反応を起こしやすいのです。
出た反応がお腹にも出るなど全身性を示した点では、
起きたアレルギー反応は強い方に分類されます。
置いた時間が云々以前に以上の点をご理解ください。
お宅のお子さんの場合、一歳過ぎてから、半年毎に検査
し、陰性になるまでは完全除去にして、陰性になって
から外来負荷試験を行うことをお勧めします。
卵アレルギーは完全除去していると、加齢に伴い必ず
治りますので、長い一生のはじめの数年と思って頑張
って下さい。

最近のエントリー

検索

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ