おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

アレルギーに関して

花粉症と食物アレルギーについて

DATE : 2016/11/30  CATEGORY : アレルギー


初めて、メールさせて頂いています。
先日、私自身が、アレルギーの検査でイネ科の
カモガヤとオオアワガエリが、クラス4の結果
でした。自分で、ネットでいろいろ調べたら、
イネ科にアレルギーがある場合は、同じイネ科
等で、注意しなければいけない食物があるのを
知り、特に小麦は、運動誘発アナフィラキシー
も気をつけなければいけないと書かれていまし
た。5歳の息子も、いくつかの食物アレルギー
と果物の口腔アレルギー(除去しています)
をもっていて、カモガヤにもアレルギーがあり、
とても心配になってしまいました。
小麦についても、毎日、パンを食べてますし、
麦茶も飲んでますし、小麦を使った食品は、
普通に食べています。お米も、毎日食べてます。
朝食に、パンを食べて登園し、運動もしています。
イネ科にアレルギーがある場合は、小麦以外に
も、注意しなければいけない食物がたくさん出て
いましたが、今は普通に食べれていても、突然
アレルギーになり、アナフィラキシーを起こす
こともあるのでしょうか?
小麦等、注意しなければいけない食物は、食べ
ない方が良いのでしょうか?

ご質問者 双子ママ 様

お答えします 院長

イネ科の雑草に強いアレルギーのある人には、
小麦と大豆に陽性反応を示す人や、中には瓜科
の野菜や果物、キウイなどにアレルゲン交差性
があるという報告がありますが、私も外来患者
さんで経験しています。しかし、すべての患者
さんが食べ物との交差性が現れるというわけで
はないのでまず、不安のある食べ物については
血液検査で確認しておく必要があります。
陽性なら除去すること。特に花粉飛散の時期は
注意が必要です。
運動誘発性の強い小麦については、もしも検査
値が陽性であれば、間違えて食べた時は一時間
以上は走るなど過激な運動を避けて、なるべく
安静にしておくと良いでしょう。小麦アレルギ
ーは、運動誘発アナフラキシーだけではなく、
風邪を引いた時の気管支の症状や、日常の皮膚
の症状にも現れるのでそうした症状がないかを
も考えてください。目の周りの痒みや目の下の
隈、乾燥時期の白っぽくカサつく皮膚の症状は
小麦に関係していることがあります。
米はよほどの症状があるか、検査値が高い場合
を除いては、厳しい制限はせず、良く精白した
白米を良く研いで、良く噛んで食べてもらいま
す。麦・米・大豆などに陽性の穀類アレルギー
の人では、胚芽米・分付米・玄米は避け、もち
米の食べ過ぎにも注意してもらいます。また、
雑穀類にもアレルギーを獲得しやすいので、
同じ種類の雑穀を食べ続けないよう注意しても
らいます。花粉症の人は果物にはすべてアレル
ギーを起こしやすいので、国産の旬の物を少し
ずつ色々な種類のものを食べてもらうと良いで
しょう。最近はゴマ・ナッツにも反応する人が
多いので、一度調べておくと良いでしょう。

最近のエントリー

検索

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ