おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

アレルギーに関して

アレルギー反応とアレルギー治療について

DATE : 2016/07/30  CATEGORY : アレルギー

保育園で即時型のアレルギーを何度か起こして
いる中で、負荷試験について前回質問をさせて
いただきました。迅速な回答ありがとうござい
ました。小麦、卵、大豆アレルギーがある1歳半
の息子です。? 中略

院長先生にお尋ねします。
1,生野菜で口腔アレルギー、じん麻疹を起こす
ことはありますか?自分で作るときは熱を加えて
いるのですが祖母が作ったポテトサラダに使用し
たタマネギ、きゅうりが生のもので、2?3口
食べたところで舌を出す仕草・口周りの赤み・
体の痒み・背中と指に数個のじん麻疹を伴いま
した。アレルギーを引き起こしやすい食材はある
けど生野菜では起きないといわれました。
だとすると、これらの症状は何だったのかなと
捕らえればよいのでしょうか・・

2,痒みや蚊に指されたようなじん麻疹といった
症状はアレルギー反応にはならないのでしょうか・・

多項目検査を希望していたのですが、負荷試験を
まずやって、次のステップとして疑わしい食材が
あれば考えましょうと説明されました。
先生によって色々な考え方や方針があるのは分か
りますが、院長先生の見解も含めこれほど違う4
ものなのでしょうか?食物アレルギーの治療
(方針・対策)にはおおまかなアリゴリズム的な
ものはないのでしょうか?

ご質問者 はる 様

お答えします 院長

1,生野菜の一部にアレルギー口腔アレルギーを
起こす人はいます。瓜科の野菜・果物に反応する
人は良く見受けます。玉葱アレルギーも皆無では
ないです。加齢に伴い治る子は多いです。

2,痒みや湿疹はアレルギー症状の主なものとして
位置付けるべきです。蕁麻疹には原因不明なもの
も多いですが、一応はアレルゲンとの関連を考え
てみるべきと思います。

3,検査は目安ではありますが、症状との関係を考
える場合の重要な指標であります。現代医学が、
症状のある患者を前にした時、必要と思われる検
査をして、その結果で、診断と治療を考察すると
いう過程を経て行われるのは、それが科学的態度
であるからです。その点では、食物アレルギーに
携わる医師のみならず、現代医学に携わる医師の
一致した見解であります。その後の負荷・除去に
ついての治療の見解の相違はありますが、それは
新たな方法が試みられつつ、発展する医学の段階
見解の相違です。私は長年の経験から、基本的に
幼少期は除去する方が予後が良いと確信しておる
ということです。

最近のエントリー

検索

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ