おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

アレルギーに関して

アメリカ在住。五歳児の治らない蕁麻疹。

DATE : 2016/07/05  CATEGORY : アレルギー

はじめまして
5歳の子供の蕁麻疹について質問させてください
 現在アメリカ在住です
1週間前、足のかゆみからお腹、お尻と蚊に刺され
たような蕁麻疹から始まりました。
溶連菌の薬(Amoxicillin 400mg/6mlx2回)を飲ん
で9日目です。休日だった為、urgent careで
プレドニゾロン12ml、ジルテック5mlを処方され
ました。数時間後症状は治まったのですが、翌朝は
腕、足、顔にまで広がりました。1日様子を見
(日中蕁麻疹のあとは一部残った状態、かゆみはな
く夕方から夜にまたひどくなりました)、次の朝は
顔が真っ赤、全身、手、足も腫れ上がっていました。
かかりつけ医で薬をBenadrylに変えてもらい、1回
10mlを5?6時間感覚で飲ませています
(就寝時間を覗いて1日3回)現在は、以前程ひど
い症状はないものの、一日を通して顔、手足に出た
りひいたりを繰り返し、夕方から夜になると背中や
お尻、手足顔にかゆみがでてミミズ腫れ、そして
ひくという症状を繰り返し、朝は顔が腫れている
状態です。
病院では血液検査をしてもらい結果待ちです
(思い当たる食べ物、しょうが・パイナップル)
部屋を涼しくさせて気をつけているのですが、数日
後からは学校も始まります。本人は元気なのですが、
今後の生活の仕方、先が見えない不安に悩んでおり
ます。

ご質問者 kawa 様

お答えします 院長

お宅のお子さんの病状は、現在は急性蕁麻疹の時期
で、今の病状が一か月以上続くと慢性蕁麻疹と診断
されます。原因はウイルスとか細菌感染がきっかけ
として、おそらく身体の免疫反応の変化を伴ってい
ると考えられていますが、はっきりしていません。
アレルギーが関与している場合もありますが、検査
をしても、症状と結びつく程の検査値は確認が出来
ないことも多いです。薬物が原因の場合は、その薬
をやめると治ることが多いです。

また、症状がひどく口腔内などの粘膜が変化する
場合は多形浸出性紅斑との区別が必要です。
多形浸出性紅斑はウイルスや細菌、薬剤などに対す
る免疫アレルギー反応が関係するものがあり、ごく
一部は膠原病であることもあります。
その他、全身のジクジクしたひどい紅斑であれば、
スティーブンスジョンソン症候群との鑑別が必要で
す。

現在の症状が急性蕁麻疹だとすれば治療としては
? 抗ヒスタミン剤の服用を1から2週間は症状が
  軽快してからも連用する。
? 抗ロイコトリエン拮抗剤の服用
? ヒスタミンH2拮抗剤(胃薬として知られている)
  の服用
? ステロイド剤の服用
のうち、?が基本。それに治りにくさ、酷さに応じ
て????? を加えてゆく。全身蕁麻疹や喘息など
の他の症状を伴う場合はステロイドが必要となりま
す。アレルギーの検査値で陽性のものがあれば、
数値は低くても、除去しておくことは必要です。

最近のエントリー

検索

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ