おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

アレルギーに関して

ピーナッツの負荷試験について。四歳児。

DATE : 2016/03/30  CATEGORY : アレルギー

こんにちは。4歳の男児について相談いたします。

現在卵、小麦、えび、ナッツ類を完全除去しています。
今年5歳になるのでそろそろ食べられるものと食べられな
いものをはっきりさせた方が良いとのことで負荷試験を
することになりました。今月初め卵白を食べたのですが、
1.5gを食べたところで全身に痒みと湿疹ができ、途中で
中止になりました。次回、ピーナッツを予定しています。

血液検査では、卵は、オボムコイド69.2、卵白90.2、
卵黄43.3だったのである程度症状が出ることは覚悟して
いたのですが、ピーナッツは5.32なので食べられるかな
と期待しています。ただ、先日、粒マスタードをウイン
ナーにつけて食べた直後、咳(すぐ治ったので辛さのせい
?)と口の周りにポツポツ赤みが出てとても痒がりました。
ジルテックを飲んで30分くらいで症状は落ち着いたので
すが、ピーナッツとの関係を少し気にしています。
粒マスタードにアレルギーがあるとその他影響がある食
品(ナッツ類、ゴマなど)はありますか?ピーナッツの負
荷試験は延期した方が良いのでしょうか?
ご回答よろしくお願いいたします。

ご質問者 ぷう 様

お答えします 院長&管理栄養士

ピーナッツはマメ科の植物で木の実です。ナッツ類には
バラ科・マンサク科・クルミ科・ブナ科・シラカバ科
その他いろいろ有り、どれかだめでも、どれかはいける
という人は一杯います。全部だめな人は35%くらいといわ
れています。マスタードはからし菜の種なので、交差性
はないと思います。
ゴマはキク亜鋼胡麻科で、貯蔵タンパクにアレルギーを
起こします。少量でもアナフラキシーを起こすというこ
とで、日本ではゴマアレルギーが増えていることから、
表示食品に指定されました。ゴマとマスタードにもアレ
ルゲン交差性は無いと思いますが、キク科とからし菜科
は種族が近く、粒マスタードの貯蔵タンパク質について
十分な資料が無いので否定しきることができません。
それと、気になるのは、ソーセージの卵混入です。安心
できるアレルギー用の物でしたら良いのですが、市販の
ものは卵成分混入のものが多いので、その点をお確かめ
ください。
ピーナッツの負荷試験については、私なら0.34以下に数
値が下がるのを待ちます。自然耐性化しにくい食品です
し、ピーナツアレルギーのアナフラキシー症状の出る割
合も、欧米を追って段々に上がってきています。もしも
負荷して大丈夫だったからと、食べさせているうちに数
値も反応も上がる可能性が無いと言えませんので。

最近のエントリー

検索

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ