おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

アレルギーに関して

乳糖不耐症について。五か月児

DATE : 2014/07/12  CATEGORY : アレルギー , 症状一般

7月3日と4日に五ヶ月児の予防接種の副作用下痢で問合せ
したものです。何度も問合せし申し訳御座いません。
ロタではないかと診断されてから一週間経っても改善は
されず整腸剤もなくなった為同じ病院に行きましたが現在
の便の状態(オムツ持参、以前と状態は変わらず)を見せ
ましたがそんなに簡単に治らないと判断され念のため検査
希望と伝えるも一週間かかるためその頃には治ってるだろう
と言われ検査されず帰宅しました。
初めての子供なので心配しすぎかもしれませんが、別の病院
で同じ診断なのか確認すべく別の病院に行きました。今まで
の状況や以前の便(写真)や現在の便(オムツ)を見せたところ
ロタの便ではないしワクチン接種もしているので、ロタで
あれば3日くらいで改善するはず、長引きすぎなのでロタでは
なく乳糖不耐症ではないかと言われました。

一度ミルクを無乳糖のものに変え、整腸剤も服用し一週間様子
を見る、またその間に便の検査もして頂けることになりました。
現在まだ2日目ですが回数は少し減り便も水っぽいのが気持ち
なくなってきました。
長くなりましたが今回お伺いしたいのが乳糖不耐の場合、今後
改善されても下痢をしやすくなってしまうのでしょうか。
乳糖不耐に一度なると乳糖不耐にまたなりやすくなりますか。
離乳食を始めるにあたっては乳製品はいつぐらいから始めた方
がいいですか。通常より遅くした方がいいのでしょうか。
お忙しいとは思いますがご返答よろしくお願いします。

ご質問者 ゆみ 様

お答えします 院長&管理栄養士

乳糖不耐症とは生まれつき、乳糖分解酵素が無いか、足りない
か、働きが弱いかする体質によるもので、日本人のように元々
酪農民族ではない遺伝子の民族には、赤ちゃんの時は母乳中の
乳糖を消化する酵素が分泌されても、大人になると分泌が止ま
って、乳糖を消化できなくなるという人が良くおられます。

ですから、乳糖不耐症は病気ではなく体質なので治るとか治ら
ないとかの問題では有りません。大人の方では、乳糖不耐症で
も温めて良く噛んで飲むば良い程度の方もいますし、乳糖分解
酵素を服用して飲むという方もいます。この乳糖不耐症とは、
乳たんぱくのカゼインに反応する、いわゆる牛乳アレルギーと
は、全く違う物ですので、混同しないようにしてください。

ただ、アレルギー医学の研究報告では、牛乳アレルギーの児に
は、そうでない児に比べ、乳糖不耐症を合わせ持っている児の
率が高いとは言われています。その為、牛乳アレルギーの児の
ためのミルクは、ミルクタンパク質を分解してあることと共に
乳糖も抜いて製品にしています。
ですので、ご心配なら一度血液検査で、牛乳アレルギーの有無
(ついでに卵や大豆、小麦も)を調べてから、牛乳アレルギーが
あれば、アレルギー用のミルクに変えて、離乳食のタンパク質
の食品の進め方も、検査結果を元に考えられてはどうでしょう。

お粥やアクの無い野菜のすりつぶしは差支えないので、下痢が
治まったら、徐々に始めることをお勧めします。
以前にアレルギーの児の離乳食の進め方について、ご質問に
詳しくお答えしているので、そちらも参考にして下さい。

最近のエントリー

検索

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ