おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

アレルギーに関して

BCG接種後一週間で抗生剤を服用

DATE : 2014/07/02  CATEGORY : ワクチン・予防接種

先週、少ーしコホコホ咳がでてはいたけれど、熱もなく食欲
もあったので、BCGの予防接種を受けました。
その後、なかなか咳がおさまらず本日受診。
担当医は、百日咳なども疑って、早めの抗生物質
(クラリスロマイシン)が処方されました。
他に咳止め、痰を出しやすくする薬、粘膜正常化剤、気管支
喘息治療薬と、気管支拡張テープを。

抗生物質が影響あるとは気づかず、担当医にBCG接種したこと
を伝えていませんでしたが、家に帰ってから気になり・・・。
抗生物質は飲んでしまって良いのでしょうか?
免疫はつくのでしょうか。

ご質問者 ぺこ 様

お答え 院長

BCCG接種は、結核菌に対する抗体を作るのが目的では有りま
せん。結核に対す免疫は、Tリンパ球とマクロファージを主体
とした細胞性免疫によるものです。体内に入ったBCGはまず
マクロファージに食べられ、そこから抗原情報がTリンパ球に
知らされ、Tリンパ球はBCGの抗原に感作されます。BCGと結核
菌は共通の菌体タンパク質を持っているため、Tリンパ球は結
核菌そのものの抗原で感作されたのと同じ能力を持つように
なって、記憶細胞として待機し、結核菌が体内に入ってきた
時に備えます。
結核菌が侵入すると、この感作T細胞がサイトカインを産生し
てマクロファージを活性化します。そしこのてマクロファージ
が結核菌を貪食・殺菌して結核感染の進展を抑えるという仕組
です。
ですから、接種後一週間もたって抗生剤を服用しても何の問題
もないです。

最近のエントリー

検索

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ