おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

アレルギーのママの広場

ピーナツアレルギーの小学生。給食でのナッツ類の除去は?

DATE : 2016/04/09  CATEGORY :

4月から入学する娘がいます
以前もピーナツアレルギーの学校給食について質問させて
いただきました。

2歳の時にピーナツバターを食べてじんましん当時クラス4
でしたが現在クラス1に下がりました。

さっそく4月の献立にリンゴヨーグルトの中にココナッツ
オイルが入っているようですが除去すべきでしょうか?
アーモンド小魚も出るようですがピーナツ以外のナッツ類
は食べさせてもよいでしょうか?
よろしくお願いいたします。

ご質問者 くま 様
お答えします 院長&管理栄養士

たしか、豆まき会でピーナッツを撒く習慣のある地域に
お住まいの方でしたでしょうか?
今回は、給食での除去の問題ですね。

ピーナツアレルギーは欧米に多く、アナフラキシーの症状
を起こしやすい物として有名です。オーストラリアでは、
カシューナッツでのアナフィラキシー報告が多いです。
国によって、ナッツや豆では良く食べられているものに、
アナフラキシーの報告が多いようです。。
日本では、最近になってピーナツアレルギーが増えており
食生活の欧米化との影響と思われます。

まず、押さえておきたいことがあります。ピーナッツと、
ナッツ類は種族が違うという事です。ピーナッツはマメ科
で、畑の豆です。ナッツ類は木の実です。種族が離れてい
るので必ずしも一緒にアレルギーを起こすとは限りません。
両方にアレルギーを起こす人は35%位の人だといわれていま
す。ナッツ類はアーモンドはバラ科、その他くるみ科・
ブナ科・シラカバ科などいろいろ有り、ココナッツはヤシ
科で、日本では今まで食べられていなかったこともあり
アレルゲン性の比較的に低いことから、ミルクアレルギー
の人のためのおやつ作りにココナッツミルクが良く利用さ
れています。ピーナッツと他のナッツ類、両方にアレルギ
ーを示す35%に入っていても、木の種族ごとに食べられたり
食べられなかったりすることはあるので、やはり、安心の
ためには、給食で良く使われるものについては、一度調べ
ておかれると安心ではあると思います。

最近のエントリー

検索

カテゴリー

  • テスト

アーカイブ

ページトップへ