おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

アレルギーのママの広場

たんぽぽの会 子育て掲示板

2015年6月アーカイブ

アメリカが禁止したトランス脂肪酸。子供の菓子に・・・!

DATE : 2015/06/19  CATEGORY :

トランス脂肪酸とは

植物油に水素添加して、マーガリンやショートニングなどを

製造する時にできる脂肪酸です。常温でも溶けず、酸化しにくく

保存性があるので、マーガリン・ショートニング・それらを使用

した洋菓子に多く含まれています。小さな子に与えるビスケット

や若い人が好むポテトチップス・ドーナツやスーパーやコンビニ

のケーキなどに多く含まれています。

アメリカではこのトランス脂肪酸の健康に与える影響について早く

から警鐘を鳴らしていて、食品表示義務がありました。段階的に製

造を禁止して、ついに今年2015年6月に、製造販売を中止しま

した。日本では一部の人しか、このことを知らない状態で表示義務

すらありません。

2013年4月には日本動脈硬化学会が食品栄養成分表示に表示を

義務づけるよう消費者庁に要望書を提出しました。今年はアメリカ

で禁止措置が取られたので、日本でも少しずつ前進が期待されます。

では、このトランス脂肪酸の毒性とはなんでしょうか?

前出の要望書によると、トランス脂肪酸は悪玉コレステロールである

LDコレステロールなど動脈硬化の危険因子を増加させることや糖尿

病への悪影響が報告され、摂取0を目指すべきだと提言しています。

また、海外では、それ以外に認知症とアレルギー疾患の罹患率が上が

ることも報告されています。JA高知病院皮膚科の野田理香先生に

よると、トランス脂肪酸を多く摂取しているアレルギー児にトランス

脂肪酸を制限させたところ、アトピー性皮膚炎・蕁麻疹・にきびなど

の皮膚の炎症症状が軽快した症例を多数経験されているとのこと。

新鮮な魚・しそ油・オリーブ油などオメガ3系の脂肪酸を多く含む油

を摂り、菓子や揚げ物、乳化脂肪の多いドレッシングやスィーツを

控えることを勧めておられます。

スギ花粉症の舌下免疫療法とは ?

DATE : 2015/06/05  CATEGORY :

ヨーロッパでは20年前位から研究されていた治療法です。

この程、日本でもシダトレンという薬による舌下療法ができる

になりました。概要は次の通りです。

1,年齢は12歳以上で適応。

2,スギ花粉症の確定診断が必要。

3,初めての服用は、スギ花粉が飛散していない時期に、医師

の監督のもとに行う。

4,アレルギー症状の有無に関わらず、毎日、数年間にわたり

継続して服用する。

5,具体的な服用方法は、一日一回、舌の下に薬液をいれたまま

2分間保持したのちに飲み込む。副作用は口内炎・舌下の腫れや

のどの痒みなど。稀にアナフラキシー症状。

6,この療法は、一定の研修を受けた資格医に限り行える。

« 2015年5月 |  メイン  | 2015年7月 »

ページトップへ