おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

アレルギーのママの広場

たんぽぽの会 子育て掲示板

2011年10月アーカイブ

おたすけ粉を使って、フレンチな豆腐ムニエル

DATE : 2011/10/28  CATEGORY :

先日、中野産業さんに、新製品の「ホワイトソルガム製料理お助け粉スグット」をいただいたので、

豆腐のムニエルを作ってみました。野菜バターソースでフレンチにしあげました。

牛乳だめな人は、アレルギー用マーガリンを使ってください。

オリーブ油でもよいです。

材料 4人分 豆腐 大きめ一丁 たまねぎ・ピーマン・じゃがいも・きのこなど、ありあわせ野菜を

         一人当たり、生で両手に軽く一杯ていど。バター100g、白ワイン100cc

                        レモン汁大匙2杯 おたすけ粉適量 くし型レモン4切れ 

作り方   豆腐は水切りして、トーストパンのように四つに切り分けます。

       たまねぎは薄切り、じゃがいもやピーマンは、マッチ棒のように切ります。

       熱したフライパンを一度火か離してバター20gを焦げないように入れ直ぐに

       おたすけ粉をしっかりまぶした豆腐を両面こんがり焼きます。

       豆腐を取り出し、フライパンを洗ってから、残りのバターで切った野菜やきのこを

       炒めます。野菜に火が通ったら、白ワイン・レモン汁を加え、塩・コショウで

       味をととのえます。器に野菜ときのこのバターソース煮をひいて、上に豆腐を

       載せ、レモンをかざります。パセリのみじん切りや、ハーブなどあれば添えると

       きれいです。ピーマンも赤や黄のものも取り混ぜたらクリスマスメニューにも。

       鶏肉や白身魚で、作ってもおいしいです。

       ワインをキチンと煮切って、アルコールを飛ばせば、お子さんも大丈夫です。

                                     管理栄養士   太田 美登里

保険適応になったエピペンの利用について

DATE : 2011/10/26  CATEGORY :

今年9月22日から保険適応になった、エピペンについて、東京親の会のニュースに、載っていたことを簡単に

お伝えします。

 エピペンは、アナフラキシーが起きて呼吸器症状が出たら打つように推奨されている補助治療薬です。

これまでは自費診療で1本12000円から18000円と高額でしたが、保険適応になって、学校と家庭の

両方で保管可能になりました。緊急時の対処法とエピペンの打ち方について、医師・保護者・学校の、

連携がのぞまれます。

 東京親の会では、順調に良くなっていた会員のお子さんが、1995年6月4日に、アナフラキシーショック

で、突然逝去されたことからアナフラキシー学習会を立ち上げ、アメリカでのエピペンに対する社会的認識

の高さと、緊急対応プログラムの実態などをもとに、運動を広げ、2005年にエピペンを食物アレルギーにも

適応とさせることができました。

 アナフラキシーショックは、食物だけでなく、蜂刺され、薬などでも発祥するので、医療機関まで、時間が

かかる地域へでかけるときは、エピペン所持について、前もって医師に相談しましょう。

 エピペン関連サイト

マイラン製薬株式会社 http://www.epipen.jp/

アナフラキシー対策フォーラム  http://www.anaphylaxis.jp/index_flash.html

以上。食物アレルギーの子を持つ親の会ニュースより  URL:http://pafa.jp

« 2011年9月 |  メイン  | 2011年11月 »

ページトップへ