おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

アレルギーのママの広場

たんぽぽの会 子育て掲示板

2011年2月アーカイブ

アトピーッ子の新入学について

DATE : 2011/02/01  CATEGORY :

もうすぐ新入学の季節ですね。始めてアレルギー疾患を持つ子を入学させる方は、何かと不安なものです。

そこであらかじめ学校側とも、事前に話し合っておくことをお勧めします。

まず始めにアレルギー疾患用「学校生活管理表」の提出を準備します。

申し出れば、学校からもらうことができます。

自分で記入するには、詳細に自信がない場合は、主治医に相談しましょう。

医師に記載してもらう場合は実費がかかることがあります。

「学校と話し合う際のチェックポイント」

1 給食について

 ? 食物アレルギーへの対応をどの程度してくれるのか?

 ? 弁当持参は可能か?

 ? 献立表は確実に手渡されるか?

 ? 牛乳代やパン代など欠食分は返納されるか?

 ? 給食職員は食物アレルギーに理解があるか?

 ? 学校側にアナフラキシーの知識はあるか?

 ? 緊急時に備え、医務室に「エピペン」は置いてあるか?

2 校舎環境について

 ? 校舎はいつごろ建ったか?新しい場合はシックスクールに注意。

 ? 黒板使用の場合、白墨の粉に注意。

 ? 窓の機密性と換気について

 ? 床のワックス掛けの有無と頻度

3 担任教諭

 先生は、大学教諭過程でアレルギーへの対応は習っていません。

厚労省のアレルギー児童への対応について通達を受けても、

実際の理解はできにくいのが現状です。

 入学後、担任の先生が決まった段階で、前述の「学校生活管理指導表」

を元に、しっかり話し合うことがたいせつです。

4 いじめ

 アレルギーを持っていることで、本人が引っ込み思案になることや、

同じ食べ物を食べないことの理解をクラスメートに得られなかったりして、

いじめの対象になることは、親として最も心配です。

 お子さんとの日ごろの対話を重視して、お子さんが家庭で悩みを、

打ち明けやすくするようにしましょう。

嬉々として登校しない様子が見られたら、要注意です。 

« 2011年1月 |  メイン  | 2011年3月 »

ページトップへ