おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

アレルギーに関して

2017年11月アーカイブ

シンガ 様へ。名古屋の専門医

DATE : 2017/11/27  CATEGORY :

ネットで「みちはたこどもクリニック」で検索

してください。名古屋市昭和区のクリニックです。

先生は、道端正孝先生です。私のホームページで

紹介されたと言ってくださって良いです。

口数の少ない先生ですが、質問には的確に答えて

くれると思います。

卵白アレルギー。一歳児の負荷について。

DATE : 2017/11/24  CATEGORY : アレルギー

11ヶ月の頃、卵を食べた数時間後に嘔吐するというのが
3回あり、そこから2ヶ月間除去をしました。
1歳2ヶ月で血液検査。結果は卵白8.95(クラス3)、
卵黄1.15(クラス2)オボムコイド0.97(クラス2)
。卵黄を自宅で少量から食べさせるよう指示があり食べさせ
ました。卵黄一個まで食べることが出来ました。
1歳3ヶ月になり来週、卵白の負荷試験を予定していますが、
本日、事前説明でアレジオン、軟膏、リンデロンシロップが
処方されました。
これから増やしていったら、強い症状が出る可能性がある
からとのことでした。リンデロンシロップは内服用のステ
ロイドですよね?
強い薬のイメージがありますが、それを使用する可能性が
あっても負荷試験を現時点でした方が良いのでしょうか?
卵白は成長と共に数値も下がり食べられるようになる可能性
は高いのでしょうか?それとも、担当医の言う早い時期から
食べさせた方が早く食べられるようになる。除去し続けると、
より食べられなくなる。という考え方が正しいのでしょうか?
説明が少なく、質問もしにくいタイプの医師で、こちらに
質問させて頂きました。宜しくお願い致します。

ご質問者 シンガ 様

お答えします 院長

まだ一歳なのに、クラス3もある卵白を、危険を犯してまで
与える必要は、私はないと考えます。
食べ物アレルギーを専門にして30年以上になりますが、
アレルギーを示した食べ物を完全に除去した児と、食べてい
た児では、明らかに食べさせなかった児の方が早期に検査値
は陰性になりやすく、食べさせた児より、その後のアレルギ
ー病全体の発症も少なかったことを、沢山のデーターを上げ
学会に報告していますし追加報告も全国からなされてきまし
た。
最近の食べさせた方が治るというのは腸管免疫力の働きを
期待しているのですが、小さな児で食べ物アレルギーのある
児は元々腸管免疫力の発達が弱いと考えられるので、検査値
が少なくとも1程度での、しかも危険性を考慮して、院内負荷
での試験を行なうのが適切だと思います。
 先日もアメリカの臨床データーから、早期にピーナツを
与えた乳児の方が、遅く与えた乳児よりピーナツアレルギ
ーを起こしにくいという報告がされましたが、「ピーナツア
レルギーをすでに起こしている児には、決して与えないで
下さい。」という但し書きが、添えられていました。
こういう報告も但し書きを見なければ、早期負荷の根拠に
されてしまうのかもしれないと思いました。
私見ですが、参考にされてください。 

突然咳き込む赤ちゃんの症状

DATE : 2017/11/22  CATEGORY :

授乳後やそれ以外でも元気に起きている
(布団で横になった状態)ときに、急にむせて呼吸
ができずもがいたり咳をすることがあります。
チアノーゼまではいきませんが顔色が悪くなる
くらいのときもあります。寝ているときはなりません。
おそらく唾液がたまって飲み込めずにむせて息が
できない状況なのかと思うのですが、心配です。
24時間見れるように最大限努力はしていますが、
現実そうもいきません。先生の見解をお願いします。

ご質問者 なかむら 様

お答えします 院長

痰が貯まりやすく、自然に食道に行きにくい体質
なのかとも考えられますが、様子見でも良いもの
なのか、或いは、この症状の原因として、早期に
対処すべき何かがあるのかは、小児科の医師に
診察してもらわないとわかりません。
早めに小児科を受診して下さい。

赤ちゃんのうんちについて。ご質問にお答え。

DATE : 2017/11/06  CATEGORY :

赤ちゃんのうんちについて

一枚目の写真
臭いの記述と、写真の性状からは下痢便と判断
できます。しかし、赤ちゃんの機嫌が良く、
普段通りに乳が飲めていれば、様子見で良いと
思います。下痢の回数が頻回になり、機嫌が
悪くなってきたりしたら、受診しましょう。

二枚目の写真
離乳食開始とともに、良く見られる便です。
食べる量や、食べた食品によっても便は変化
します。臭いに酸臭や腐敗臭があったり、
本人の機嫌が悪く、乳や食べ物を受け付けない
場合は、受診しましょう。

« 2017年10月 |  メイン  | 2017年12月 »

最近のエントリー

検索

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ