おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

アレルギーに関して

2017年3月アーカイブ

ハタ 様へ

DATE : 2017/03/31  CATEGORY :

大人の方のアレルギーも診ています。

TARKも、ご希望なら検査します。

初診で来られるなら、予め受付に電話

して予約してください。

3児 ママ 様へ

DATE : 2017/03/22  CATEGORY :

溶連菌感染症による皮膚の症状にはリンデロン軟膏

は効きません。感染により多型紅斑が悪化している

部分には多少効果が期待できます。

溶連菌感染症は治癒まで経過が長いですが、きちんと

服薬していると治って行きます。初診から一週間後

には必ずまた受診して下さい。

あおまま 様へ。乳児アナフラキシーに負荷?

DATE : 2017/03/18  CATEGORY : アレルギー

出現した症状が大変重いので、まず普段から

症状が出た時のための薬を用意して下さい。

乳児期は、胃腸管免疫力がアレルギー体質の

児では低いので負荷試験はお勧めしません。

主要アレルゲンタンパク質であるカゼイン

・オボムコイドが低い数値でも、卵では他の

構成タンパク質にアレルギーを持っている児

もいるので、負荷試験は慎重に院内負荷試験

をしてくれる院所で一歳過ぎてから、検査値

と症状を見定めてされることをお勧めします。

このまま除去を続ける? 二歳男児。

DATE : 2017/03/15  CATEGORY : アレルギー

現在2歳3ヶ月の息子のことで相談させて下さい。
6ヶ月の頃に大豆アレルギーの疑いで血液検査し、
そこで卵アレルギーが発覚しました。
(大豆は問題なし)
半年ごとに検査をしていましたが、数値は下が
らず今も完全除去のままです。当時は完全母乳
でしたが、私は特に除去しなくて良いと言われ
ていました。最初の病院はアレルギーが治まる
までMRワクチンを打たない方針のようだったの
で1歳半のときに別の病院を探して転院しました。

6ヶ月 卵白51.0(クラス4) 卵黄11.4(クラス3)
?非特異IgE68
1歳 卵白90.2(クラス5) 卵黄26.3(クラス4)
?非特異IgE104
1歳半 卵白84.4(クラス5) 卵黄42.7(クラス4)
非特異IgE161
↓転院先の病院で再検査
卵白25.7(クラス4) 卵黄2.6(クラス2) オボム
コイド14.3(クラス3) 非特異IgE319
他にも色々検査してもらいヤケヒョウダニ13.0
ミルク1.72、小麦1.21も陽性のクラスでしたが
特に指示などはなく今まで通りで良いとのこと。
卵については完全除去を続け、次回の検査は
1年後?3歳頃にと言われています。

1,上記をみて気が付いたのですが、転院前後の
検査は1ヶ月ほどしか期間が空いていないのに、
こんなに数値が変化するものなのでしょうか?

2,産まれてから今まで誤食を含めて卵を口に
したことがないので、実際にどのような症状が
出るか分からないまま完全除去を続けています。
4月から母子分離の教室に通うことになっていて
そこでの誤食や接触が正直不安です。
家庭内では手洗いなども徹底して気を付けてい
ますが、外で一度だけお友達の手が触れたとこ
ろが真っ赤になったことがあります(直前に卵入
りのお菓子を食べていたのかどうかは分かりま
せんが)。誤食した時に蕁麻疹程度で済むのか、
アナフィラキシーレベルなのかも分からないの
で、対処のお願いも抽象的になってしまいそう
なのですが、現状を知るといった意味合いでも、
負荷試験はまだ早いでしょうか?血液検査だけ
が全てではないとおっしゃる先生もいて、この
まま完全除去を続けても良いのか悩んでいます。

3,何かあったときのための薬を、こちらからお
願いして処方してもらっておいた方が良いでし
ょうか?
これまでの回答を読ませてもらい、完全除去で
数値が下がるのを待つのが基本だとは理解した
のですが、これまで一度も卵を食べたことが
ないということがひっかかっています。
よろしくお願いします。

ご質問者 ひよこ 様

お答えします 院長

1,について
アレルギー体質の強い児で、一歳から二歳代
の抗体産生が活発になる頃にはたまに、短期間
で非特異値が急激に上がることがあります。
とくにダニなどの環境アレルゲンはその頃抗体
ができやすくアレルギーを獲得するので、そう
いう時に上昇します。

2,について
数値の高さと、真っ赤になった既往から見ると
急性の強い症状が出る可能性がないとは言えま
せん。普段ゼイゼイしたり、風邪の時呼吸器の
症状がしつこかったりする児は特に注意してが
必要です。私は、この年齢の児でこの数値だと
まだ負荷試験はしません。大きな病院で超微量
から負荷してくれる所は、あるようですが。

3,について
必ず貰って携帯しておくことをお勧めします。
完全除去を続けていると、四歳を過ぎるころか
ら落ち着いてきて、殆どの児が就学時前には
負荷試験できるようになります。
ダニ対策を徹底してください。小麦・ミルクも
控えめにして、次回検査までに下げるように
しましょう。全体の非特異値が高値を示すよう
になると急性反応を起こしやすくなります。
今、頑張ればアレルギー体質を克服できます。
どうか大変ですが、頑張って下さい。

アトピーの子の離乳食開始について

DATE : 2017/03/13  CATEGORY : アトピー , アレルギー

現在4歳の子と5ヶ月の子がいます。
上の子は2歳頃からよく全身にブツブツが出て
痒そうにしていて、皮膚科ではいつも乾燥と
言われ、一年中365日ステロイドをぬっている
状態です。(一年中ステロイドを塗っても
大丈夫なのかも心配です)
下の子は2ヶ月頃から全身に湿疹が出てきたの
で、上の子と共に別の皮膚科を受診したところ、
兄弟共にアトピーだと言われました。
上の子に関してはステロイドの塗り薬と共に、
LGG乳酸菌の入ったヨーグルトを毎日食べる
ように言われました。
下の子はヒルドイドとリドメックスを塗って
います。まだ離乳食を開始していないので上の
子のようにヨーグルトをあげることもできない
ので、私が食べるようにしています。
(完母ですが効果はあるのでしょうか?)
話がそれましたが、一番気になっているのが
下の子の離乳食の開始時期と進め方について
です。上の子の時は私も知識がなく、育児本
通りに5ヶ月から始めて進めて行き、幸いにも
現在のところ特に食物アレルギーらしき症状は
出ていません。
しかし、私も主人もアトピーで、私が卵、主人
が小麦と乳のアレルギーがあり、下の子もすで
にアトピーと診断されているので、アトピーの
子は食物アレルギーの可能性が高いと聞き心配
です。主人の父も青魚のアレルギーで意識障害
を何度か起こしているそうなので(アナフィラ
キシー?)、遺伝などを考えると心配です。
いろいろ調べてみてもアトピーの子の離乳食
開始時期は遅らせた方がいいとか、5、6ヶ月
からでいいとかいろんな情報があり混乱してい
ます。もし遅らせる場合はどれくらい遅らせれ
ばいいのか、また離乳食開始前に事前にアレル
ギー検査などをした方がいいのでしょうか?

ご質問者 221 様

お答えします 院長&管理栄養士

ステロイド軟膏の継続については、調子の良い
時に5から7日間お休みできると良いです。
小さな子の湿疹は食べ物が原因であることが多
く、ダニなど環境アレルゲンも関与していること
もあります。原因を確認して対処するとステロイ
ド軟膏から離脱できます。

ヨーグルトの勧めは、腸内環境を整えて腸管免
疫力を強くする試みですが、たまにヨーグルト
アレルギーの人がいるので確認したほうが良い
と思います。アレルギーといっても、すぐに
急性反応が出るものばかりではなく慢性症状と
して現れるものも多いという事を知っておいて
ください。お母さんがヨーグルトを食べるのは、
お母さんの腸内環境には良いですが、母乳を飲
む赤ちゃんに牛乳アレルギーやヨーグルトアレ
ルギーの素因があった場合は良くないでしょう。

離乳食は五か月から開始して良いです。主食は
白米の重湯からお粥へ、七か月には普通の粥を
潰して食べれるように進めます。おかずは当面
野菜スープから野菜マッシュへ進め、七か月で
薄く味付け開始にしましょう。芋類は皮膚症状
があれば、開始は七か月ごろから少しずつ始め
ます。普段綺麗なら六か月頃よりサツマイモ、
ジャガイモ、カボチャを交互に同じ芋ばかり
与えないように注意してあげましょう。
小麦は目の周りに症状が無ければ10か月ころに
たまにあげるようにしましょう。小麦について
は、このホームページのお母さんの子育て情報
の欄に書いてあるので参考にしてください。
タンパク質食品は、白身魚を六か月から少しず
つ始めます。卵と牛乳・乳製品、大豆製品につ
いては、慎重に。

遺伝について。ご両親がアレルギー体質の場合
お子さんがアレルギー体質になる確率は高い
です。乳幼児期は、食べものが原因でアトピー
性皮膚炎が出ることも多いです。下のお子さん
が六か月になる頃、一度、お二人とも血液検査
でアレルゲンの確認をしておくと良いでしょう。
原因を知り、正しく対処すれば、症状が軽減し
軟膏使用も減らせて、就学時までには体質改善
が、できます。

薬のアレルギーの検査について

DATE : 2017/03/11  CATEGORY :

0才の時、ムコダインのせいかもしれない

といわれて、ずっと服用していなくて症状が

出ていないなら、ムコダインを止めていた

のは賢明ですが、0歳児の突発性蕁麻疹は

原因不明のものも多く、はっきりさせたいと

いうお気持ちは解ります。他の薬物で今まで

発症していないということは、深刻な薬物

アレルギーではないようです。または0歳児の

時の発症原因が別のものであった可能性も

あります。あえて検査を望まれるなら、

大学病院の皮膚科に相談してみられると良い

かもしれません。血液検査で薬物項目検査は

出来ませんが、負荷試験や皮内テストなどの

施設内での検査を考えてくれるかもしれません。

あまりお役に立てる回答でなくてすみません。

« 2017年2月 |  メイン  | 2017年4月 »

最近のエントリー

検索

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ