おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

アレルギーに関して

五歳児。魚アレルギー。養殖魚・天然魚???

DATE : 2017/02/10  CATEGORY : アレルギー

いつも丁寧なご回答をありがとうございます。
白身がダメでも青魚は食べられる子もいるの
ですね。安心しました。鮮度には気を付けて
いきたいと思います。
献立表を見るというのは気づきませんでした。
今は私立保育園に通っておりオリジナルの
献立なので、ホキのフライなど、スーパーで
見かけない魚がよく出て困っていました。
小学校は公立なので市内で共通献立ですし、
小学校のホームページでも確認できるので、
これから毎月チェックして来年の参考に
したいと思います。
今日はあと3点質問させてください。

1.同じ魚でも、天然、養殖、国内水揚げ、
輸入品がありますが、その差はどのように考え
て家庭内負荷試験を進めていけばよいでしょう。
例えば、ブリは養殖の方が明らかに脂も多いで
すし、サケはノルウェーのアトランティック
サーモンと国産の鮭、マダラと輸入の塩ダラ
ではアレルギーの見地から違いはあるので
しょうか。

2.ブリのような出世魚の場合、ブリが食べら
れればそれより小型の出世途中の魚は大丈夫な
可能性が高いでしょうか。

3.魚以外では誤飲の危険性も考えナッツを
あまり食べさせてこなかったですが、年齢的に
も活動の場が広がれば、親の目の届かないところ
で食べる可能性もあるため、食べさせ始めました。
ピーナッツは4粒、アーモンド、マカダミア、
クルミは2粒食べても無症状でしたが、先生の経験
上、このくらい食べられたらアレルギーの可能性は
少ないという量はありますか。

血液検査でナッツ類は陰性なのですが、今まで
アレルギー症状が出ている食品の多くが血液検査
では「陰性」なので心配してしまいます。知人が
ナッツでアナフィラキシーを起こして死にかけた
話を聞いたのも、ナッツに警戒してしまう要因に
なっています。

魚のアレルギーは卵や小麦よりも除去は簡単で生活
には影響が少ないですが、いざ解除しようとすると
難しいと感じました。細かい質問で申し訳ありませ
んが、よろしくお願いいたします。

ご質問者 ちび トトロ様

お答えします 院長&管理栄養士

1について。
養殖のものがある魚では、養殖でないのを天然魚
と銘打っていますが、たまに養殖場から逃げて外
の網にかかっても天然魚とされます。それらでは
ない魚で輸入品でないものは国内水揚げとされる
ようです。
タンパク質が多いのは天然もので、回遊魚では、
アクトミオシンという筋タンパク質が多く含まれ
ています。アレルギー反応はタンパク質に対して
起こすことが多いので、その点留意しておいてく
ださい。また魚の寄生虫アニサキスなどがいる場
合があるので生食するときは要注意です。
一方、養殖魚はアニサキスがいない点では安心で
すが、狭い養殖場で養殖するため、病害予防のた
めに抗生剤の他、養殖場の衛生管理のために種々
の薬剤が撒かれていて、有害な化学物質の残留度
が問題にされています。ノルウェーのキングサー
モンは2003年の調査でPCBとダイオキシンの残留が
基準値を大きく上回り、アメリカ健康保全組織の
設定した成人基準値の3倍、子供では6倍の有害成
分量の残留があると報告され、妊婦には禁忌食品
とされたそうです。また、昨年ネット市場で騒が
れたチリ産のサーモンは、海洋保全団体チリ支部
が、チリ水産局とサーモン養殖会社37社に対して
抗生剤使用量の公開を求める訴訟を起こして勝訴
しました。噂通りノルウェーを遥かに上回る汚染
があるか、明らかになりそうです。日本の養殖場
では、オリーブハマチのように餌の工夫により、
魚の免役力を上げ薬物を減らし、品質のグレード
アップに取り組んでいるものもあります。
マダラと輸入塩だらの違いでは、タラは元々ヒス
タミンの含有量が高い魚で、ヒスタミンに反応す
るタイプの人には要注意です。塩タラは保存期間
が長いのでヒスタミン量もアップしていますが、
水で塩抜きしたり、煮て煮汁を捨てれば下がるこ
とが期待できます。
2について。
出世魚の場合、ブリが食べられれば食べられると
思います。しかし、ブリは油が多く、若い魚ほど
タンパク質が多いので、その点留意してください。
3について。
何のアレルギーでもそうですが、ナッツも幾つに
なっても発症の危険性はあります。また、ナッツ
類は花粉との関連抗原性もあるので、花粉症が出
て来たときは特に要注意です。
どの位食べると? というご質問の答えにはなりま
せんが、なるべく食べないとか、食べる機会には
食べ過ぎないとかの注意をして置く方が良いかと
思います。

最近のエントリー

検索

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ