おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

アレルギーに関して

台湾在住。二歳児のアレルギー検査の結果と今後の対応。

DATE : 2016/03/02  CATEGORY : アトピー


一年前にも台湾より質問させていただきましたイケアです。
親身にお答えいただき大変助かりました。心よりお礼申し
上げます。先生のアドバイスに従い台湾でできる範囲で除
去食を進め、一年ぶりに日本で血液検査を受けてきました。
今回の医師に聞ききれなかったことが多々ありますので
またお力をお借りしたくメールしました。

昨年の検査結果1歳0か月
非特異的IgE338
ミルク59.30大豆28.30ピーナッツ16.90アーモンド12.30
卵白10.00ごま6.30米5.33オボムコイド1.85小麦1.50
今回の結果2歳0か月

非特異的IgE測定なし
牛乳76.40大豆4.23ピーナッツ4.46アーモンド6.36
卵白5.41オボムコイド1.95ごま35.90米1.01そば2.63
小麦0.62ω-5グリアジン0.10未満 ハウスダスト?0.3
5コナヒョウダニ0.15カビ?マルチアレルゲン0.17

昨年とは違う病院です。非特異的IgEの測定がなかった
のはなぜかわかりません。医師からは「おそらく小麦は
安全に食べられるから食べて良い。ごま油を使って症状が
ないなら今回数値は上がっているが、そのまま続けて良い。
乳製品、卵はもう一年除去して検査をしましょう。」
と言われました。
 今回の結果をどう見ればよいのかわかりません。昨年
秋から米アレルギーの症状が悪化しています。私はカビ
などの環境アレルゲンに対する反応が出てきたのかと思い
検査項目に入れてもらったのですが、数値は高くないよう
です。

牛乳を完全除去しているのに数値が上がりました。上の子
のヨーグルトを触ってしまった、チーズに触ってしまった、
粉チーズを使う店で食事をした、そういうことの積み重ね
が原因であると考えられますか?

卵は調理器具を共用してしまって誤食が多かったです。
顔に蕁麻疹が出る症状だけで済みましたが、卵白の数値は
下がり、オボムコイドは上がっていて結局食べられない
方向に進んでいるのでしょうか?

そして、ゴマが怖いのですが言われた通りごま油は使って
問題ないのでしょうか。たんぱく質をほとんど含まないの
だから、と私も使っていたのですがこんなに数値が上がっ
ていて使い続けることに抵抗があります。台湾ではゴマは
多用されており、その影響も大きいようには思いますが。

小麦についてです。今回の検査結果が出てからうどん、
フランスパン、そうめん、パスタが食べられることは確認
しましたが、3日開けて食べるようにすれば今後も食べさ
せて大丈夫でしょうか?米アレルギーの反応がひどくなっ
てしまい、こちらでは低アレルゲン米も精米機を持つ米屋
も見つけられずインディカ米を食べさせてきましたが、
最近になって湿疹が悪化するので食べられなくなりまし
た。小麦を食べられるとかなり救われるのですがどうで
しょうか。3日回転の場合、食べる日は一日三食小麦を
使って良いのですか?

最後にアナフィラキシーを起こした際の対応について教え
てください。10日ほど前に気管支炎で処方された薬に
タンナルビンが混ぜられていて、服用後に発作のような
咳が始まり、呼吸困難とじんましんが出て、リンデロン
シロップ5mlを飲ませてすぐ救急を受診したのですが、
この対応で良かったのでしょうか。家で様子を見て良い
のはどの程度までですか。

ご質問者 イケア 様

お答えします 院長

非特異IgEを調べなかったのは、恐らく昨年の数値を基盤
にして、今回各項目検査を見れば、総じて上がっているか
下がっているかで大体の判断がつくと思われたのだと思い
ます。私なら、念のためにセットで調べますが。

カビ・ダニは数値が低くても、0.1未満では無いので、今後
も上がらないように注意はした方が良いと思います。

最近、環境中の食物アレルゲンも問題になっています。
触ることで皮膚からの吸収もありますし、ガスとして浮遊
していると呼気により感作することも体質の過敏な人では、
注意が必要なようです。牛乳についても胡麻についても、
そうしたことも考えられるでしょう。卵のオボムコイド値
は検査誤差の範囲です。全体に、卵アレルギーは良くなっ
てきていると思います。四歳過ぎる頃にはもっと良くなる
でしょう。

ごま油はタンパク質を含まないはずですが、食べると良く
ない人もいます。私はゴマアレルギーは強い症状を起こす
ことのある食品なので、しっかり治って欲しいので胡麻で
陽性の人には、一応ごま油もやめて貰うことが多いです。

小麦は、一般に米よりアレルゲン毒性が強いとされていま
すがお宅のお子さんの場合グルテン中の毒性の強いタンパ
ク質に反応していないので、食べられると判断出来ます。
しかし、摂りすぎるとアレルギーを獲得することがあるの
で、主食として食べるのは、三日に一回一食くらいにする
と良いでしょう。

アナフラキシーの対応は、エピペンを持つのが一番安心で
すが、エピペンを入手するまでは今の対応しかないでしょ
う。呼吸器症状については危険ですので、必ず救急医療へ
。蕁麻疹は投薬して段々落ち着くようなら良いですが、
どんどん広がっていくときは、できるだけ急いで受診する
ようにしてください。

最近のエントリー

検索

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ