おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

アレルギーに関して

2016年3月アーカイブ

ピーナッツの負荷試験について。四歳児。

DATE : 2016/03/30  CATEGORY : アレルギー

こんにちは。4歳の男児について相談いたします。

現在卵、小麦、えび、ナッツ類を完全除去しています。
今年5歳になるのでそろそろ食べられるものと食べられな
いものをはっきりさせた方が良いとのことで負荷試験を
することになりました。今月初め卵白を食べたのですが、
1.5gを食べたところで全身に痒みと湿疹ができ、途中で
中止になりました。次回、ピーナッツを予定しています。

血液検査では、卵は、オボムコイド69.2、卵白90.2、
卵黄43.3だったのである程度症状が出ることは覚悟して
いたのですが、ピーナッツは5.32なので食べられるかな
と期待しています。ただ、先日、粒マスタードをウイン
ナーにつけて食べた直後、咳(すぐ治ったので辛さのせい
?)と口の周りにポツポツ赤みが出てとても痒がりました。
ジルテックを飲んで30分くらいで症状は落ち着いたので
すが、ピーナッツとの関係を少し気にしています。
粒マスタードにアレルギーがあるとその他影響がある食
品(ナッツ類、ゴマなど)はありますか?ピーナッツの負
荷試験は延期した方が良いのでしょうか?
ご回答よろしくお願いいたします。

ご質問者 ぷう 様

お答えします 院長&管理栄養士

ピーナッツはマメ科の植物で木の実です。ナッツ類には
バラ科・マンサク科・クルミ科・ブナ科・シラカバ科
その他いろいろ有り、どれかだめでも、どれかはいける
という人は一杯います。全部だめな人は35%くらいといわ
れています。マスタードはからし菜の種なので、交差性
はないと思います。
ゴマはキク亜鋼胡麻科で、貯蔵タンパクにアレルギーを
起こします。少量でもアナフラキシーを起こすというこ
とで、日本ではゴマアレルギーが増えていることから、
表示食品に指定されました。ゴマとマスタードにもアレ
ルゲン交差性は無いと思いますが、キク科とからし菜科
は種族が近く、粒マスタードの貯蔵タンパク質について
十分な資料が無いので否定しきることができません。
それと、気になるのは、ソーセージの卵混入です。安心
できるアレルギー用の物でしたら良いのですが、市販の
ものは卵成分混入のものが多いので、その点をお確かめ
ください。
ピーナッツの負荷試験については、私なら0.34以下に数
値が下がるのを待ちます。自然耐性化しにくい食品です
し、ピーナツアレルギーのアナフラキシー症状の出る割
合も、欧米を追って段々に上がってきています。もしも
負荷して大丈夫だったからと、食べさせているうちに数
値も反応も上がる可能性が無いと言えませんので。

田中様へ追伸。交代検査の結果。

DATE : 2016/03/28  CATEGORY :

お訪ねの検査結果が出るまでの期間ですが、

検査センターに送ってから一週間程度で結果が

送られてきます。休日が入るとその分、遅く

なります。どの抗体も一緒です。

交代検査の値段。田中様へ。

DATE : 2016/03/26  CATEGORY :

病後、医師の指示で検査する場合を除き自費に

なりますが、それぞれ、一種類ですると3800円

二種類すると6200円、四種一度にすると11000円

になります。四月以降、もしかすると変更する

かもしれません。

負荷試験でアトピーが良くなる?

DATE : 2016/03/26  CATEGORY :

32歳の女です。
もうアトピーになって長いのですが、なかなか治らず悩んで
います。この前、負荷試験があるとテレビで言ってました。
徐々に身体に慣れさせて治っている人がでていました。
大人でも負荷試験をして効果や治る可能性はあるので
しょうか?先生は負荷試験を患者に進めたりすることはある
のでしょうか?
アドバイスをよろしくお願いします。

あと、友人の子どもがアレルギーを持っていてなかなか良く
ならないようで、病院を変えた方がいいのか、どの病院が
いいのかわかりません。病院の見つけかたがあれば教えて
下さい。よろしくお願いします。

ご質問者 ひつぎ 様

お答えします 院著

大人の方のアトピーは子供の時とは、原因が変わっている
時があります。子供の時は卵だったのに、大人になっては
小麦とか。長引く大人の方のアトピー性皮膚炎は、様々な
原因が考えられます。食べ物の他に、ダニ・カビ・ペット
金属・花粉・汗・温度・乾燥など、それに寝不足・疲れ・
ストレスなども、症状の変化に関係してきます。
まず、直接的原因をきちんと検査することです。そして
主原因と考えられる結果の出たものは、なるべく避けるこ
とです。あとは、乾燥・汗・気温の急変、ストレスなどに
たいする対策を行います。寝不足や疲れをためない生活も
改善に役立ちます。

負荷試験は、原因となる食べ物を除去していて、そのご、
検査値だけでなく、実際に食べての反応を検査して診断を
下すための検査です。それは当院の患者様にも外来で行っ
ています。これは検査であり治療ではありません。
貴女がご覧になったのは、減感作療法のことだと思います。
花粉にたいしては、従来から定期的に原因物質を注射して
段々に抗原に対する耐性を獲得する療法で、これは当院で
もずっと行って来ました。この上、花粉に対して舌下療法
として抗原を口に含んで耐性をつける療法が昨年より保険
適応され、注射と違い、自宅でできることで大人の方に歓
迎されています。いずれも、効果についてのエビデンスは
あります。

これと並んで、経口減感作療法として抗原となる食べ物を、
少しづつ食べて、胃腸管免疫力の力を借りて食べ物アレル
ギーを治すという治療法が注目を浴びていますが、これは
急性の症状を呈する子供さんを入院させて行うものです。
それで、一定食べられるようになるという事ですが、素人
判断で勝手に食べて免疫をつけるということではありませ
ん。この療法は、まだ厚労省は実験的段階であると位置づ
けています。しかし、アレルギーを標榜する先生方の中に
は、食べさせて耐性をつけるという考え方を導入して、原
因食物が検査で出ていても、食べることをやめさせない方
が増えてきております。私は症状を呈しているなら、食べ
させるべきではないと考えております。
件のお子さんが、いつまでもすっきりしないなら、きちん
と多項目検査をしてくれる院所で検査してもらい、原因が
確認できたなら、当面のスキンケアや軟膏治療とともに、
原因対策を考えてくれる医師を選ぶと良いと思います。

清水 様 へ

DATE : 2016/03/26  CATEGORY :

診てみないとわかりません。ですが、なるべく

早く、小児科へ行った方が良いと思います。

最寄りの小児科に混み具合を聞いて、混んで

いない時間にするとか、健診待合室や時間が

別になっている小児科なら、9,10か月健診を

兼ねて行かれてはいかがでしょうか。

アレルギーで胃腸炎。一歳男児。今後の食事。

DATE : 2016/03/22  CATEGORY : アレルギー

現在1歳4か月の子供ですが
生後1か月頃から乳児湿疹がひどくなり皮膚科でステロイド
を処方され塗布し、徐々に皮膚症状は良くなり現在は
赤くなったり痒がったりした時だけ少量塗る程度です。
そして
1歳前にヨーグルト一口食べて、すぐに口の周りに蕁麻疹
が出て1歳過ぎに卵白、全卵を別の日に食べさせて共
に一口で摂取後2時間ほどで嘔吐しました。

1歳1ヶ月の皮膚テストで小麦・乳・卵のアレルギー
がわかり別のアレルギー専門小児科で血液検査をし
卵白28.8クラス4、牛乳2.98クラス2、オボムコイド9.36クラス3で
した。

食べさせて免疫を獲得する考えの病院で特に症状が出
ない卵黄と小麦粉を毎日食べさせるよう指導を受け
その通り少量ずつ与えているうちに下痢→血便→浮腫
といった症状が日が経つにつれ出てきてアレルギーが
原因ではと聞いても無関係だと言われ結局大きな病院
で検査したところ、危険な状態にあると診断され
そのまま入院し、様々な検査結果から食物アレルギー
からくる好酸球性胃腸炎と淡泊漏出性胃腸症と診断さ
れました。
アルブミンと鉄剤の投与、小麦・卵・牛乳の除去食に
よって改善し退院、現在も除去食を続けていますが、
一日6?7回授乳しています。医師からは、好酸球性
胃腸炎の原因アレルゲンについては卵が一番怪しいので、
私は加工品はともかく卵そのものはやめましょうと言
われ食べていません。
免疫力が著しく低下していたので、それが正常に戻れ
ばまず小麦から食べさせてみましょうと言われていま
す。退院前の血液検査では牛乳クラス2、卵白クラス4、
小麦クラス4、オボムコイドクラス3、卵黄クラス3でした。

お聞きしたいのは、病院からは現在小麦・牛乳・卵の
みの除去の指導ですが抗原性の高い食材を与えるのが
怖く、魚は白身魚のみ(タラやカレイ、ヒラメは抗原性が高い
ので与えていません)肉は豚挽肉のみ。他は白米と抗
原性の低い野菜を薄味の味噌か醤油、塩を加えてあげ
ています。
ミルフィーは子供が拒否しました。
また麦茶も拒否するのでほうじ茶を飲ませています。

回転食にしたいのですが、食材が少ない為、なかなか
3日開きません。なので、魚は赤身、肉も鶏や牛など
も食べさせた方が良いのでしょうか?
病院では卵と鶏肉、牛乳と牛肉は共通抗原ではないか
ら大丈夫と言われていますが心配で食べさせていませ
ん。また、私自身の食事ですが卵、マヨネーズ、牛乳
などは避けていますが食パン、加工品などは食べてい
ます。私も小麦・卵・牛乳の完全除去をした方が良い
のでしょうか?

それと、病院から免疫力が正常値になったら小麦粉を
食べさせていきましょうと言われていますが
クラス4もあるのに大丈夫なのだろうかと不安です。
今の病院も、数値に関わらず食べられるなら食べさせ
ようという考えのようです。
拒否した方が良いか悩んでいます。
通常の食物アレルギーと好酸球性胃腸炎の両方をもっ
ているのでとても不安です。

ご質問者 サクラ 様

お答えします 院長&管理栄養士

かなり強い症状が出たことで、不安なお気持ちはわか
ります。文章から察するにお子さんの発育は小さめで
はないかと思います。
卵と鶏肉、乳と牛肉の同一抗原性は否定されていて、
個別に調べられますし、魚も結構多種類調べられるの
で、今まで調べていない物で不安な物を血液検査で明
らかにしておくことが大切です。そして、陰性のタン
パク質食品を順番に並べて回転食に取り組んで下さい。
今、陰性でも続けて食べていると陽性になることが良
くあるので注意が必要です。一歳三か月を過ぎると、
母乳の栄養価は、ほぼ糖質でエネルギーを維持する様
になり、空腹時に与えれば血糖値が上がって食欲を抑
え、食後に与えるクセをつけると、真面目にしっかり
食べなくなる傾向があります。母乳はどうしても寝付
かない時などに限り、アレルギー用ミルクをコップか
ストローで食後やおやつに少しずつ飲ませて栄養補給
に利用しましょう。果物を少量ミキサーで合わせたり
果物の缶詰とミキシングして寒天で固めると食べてく
れることが多いです。そうやってバランス良く三食を
しっかり食べて早寝早起きをさせて大きく元気に育て
ることで胃腸管の免疫力も次第についてきます。
アレルゲンを負荷するのは、それからでしょう。

好酸球はアレルギー反応によって高値を示すので、ま
ずは陽性のアレルゲンを入れないのが原則です。
また、アレルギー性の胃腸炎を起こすアレルゲンの一
位は牛乳というのは、今までの研究で確認されていま
す。最近の報告では、アメリカ産の小麦(日本のパン
菓子は殆どアメリカ産)のグルテンの主成分である
グリアジニンというタンパク量が、セリアック病と
いうアレルギー性の胃腸炎を主訴とする難病の原因に
なっていることはアメリカの医学会では良く知られて
います。以上のことから、今回の胃腸炎を、卵だと医
師が言われた事には、疑問が禁じえません。

まだ一歳なので、アレルゲンを除去し、バランス良く
しっかり食べさせていれば、数年の経過で免疫力も付
き、数値も下がり、負荷試験にも耐えられるように
なるので、焦らずに頑張ってください。

蕁麻疹と牛乳負荷。citron様

DATE : 2016/03/16  CATEGORY : アレルギー

自閉症スペクトラム、知的障害がある4歳の娘の蕁麻疹の
件で質問させてください。

血液検査の結果は画像の通りなのですが、
偏食がつよくまだ卵や乳は口にすらしたことはありません。
乳に関しては病院では少しずつ食べさせとの指示でしたが、
卵も2歳のときはクラス2だったのが完全除去し、3歳には
ゼロになりました。
なのでこのまま乳も除去してゼロになるのなら除去した
ほうがよいのかなと悩んでいます。

あと、食べ物は関係なくよく蕁麻疹が身体にでます。
アレジオンを飲むとすぐに落ちつくのですが、このことも
ありなかなかアレルゲンの強い食事をあげれません。
この先どのように進めていけばよいでしょうか。
先生のお考えを教えていただきたいです。

そして、自身も全身蕁麻疹の経験があり子供にあんな思
いをさせるのが怖くすごく臆病になってしまっています。
ご意見お聞かせください。
よろしくお願い申し上げます。

ご質問者 citron 様

お答えします 院長

検査データーの画面が小さくて、十分読み取れなかったの
ですが、おおむね重症度の高い検査値ではない様に感じま
した。
急性蕁麻疹は、原因がわからないものが多く、アレルギー
性の蕁麻疹は2から3割程度とされています。
しかし、アレルギー体質が証明されている方の場合、原因
がアレルギーによるものである可能性は高くなりましょう。
アレルギーによる蕁麻疹は食べ物だけでなくペット・花粉
ハウスダストなども原因としてあげられます。また、普段
何ともなかったアレルゲンで突然反応する場合もあります。
体内でのアレルギーの出来事と、いくつかの環境要因が重
なって反応を誘発することもあるようです。
ですので、私は、検査値が陽性の食べ物は、与えず陰性に
なるまでは食べさせないのが良いと思います。

乳製品の進め方について。セラ様。

DATE : 2016/03/11  CATEGORY : アレルギー

先月には丁寧なご対応をいただきありがとうございました。
この1ヶ月で徐々に乳と卵の解除を進めて参りました。

卵は黄身二分の一までは大丈夫でした。あまり好きでは
ないようなので一度の食事では黄身一つは試せていませ
ん。白身は1?角のみ試しまして大丈夫でした。

乳に関しましては、食パン8枚切りを半分、ヨーグルト
大匙2程度、チーズ1?角を3つ、フォローアップミルク
40ccでは反応は出ませんでした。

ですが、本日ロールパンを半分食べたところで口元を中
心に顔にのみ湿疹が10こ程度出ました。痒がるそぶりは
なく、1時間かからず消えました。

購入したパン屋で聞いてみたところ卵は少量であるが、
生地に牛乳を練り込んでいるとのことでした。

このような場合、ロールパンのみ避けて、他の乳製品は
これまで通り与えても大丈夫なのでしょうか?
脱脂粉乳が含まれた食品より、牛乳を使ったものの方が
反応が出やすいということはあるのでしょうか?

一月末に受けた血液検査では乳はクラス0でした。
今後、乳をどのように進めるべきかご教授いただけたら
と思います。
宜しくお願い致します。

ご質問者 セナ 様

お答えします 院長&管理栄養士

前のご質問を見てみましたが、当時のラストスコアでは
乳はクラス0でしたが、卵白は主たるタンパク質のオボム
コイドは0でも卵白そのもののラストスコアは2とありま
した。つまりオボムコイド以外の卵白タンパクには反応
していることを示唆しています。
ですので、今回の反応は、パンの表面に艶出しに使用さ
れたりする卵白に反応した可能性があります。
一度負荷されていて、二度目に反応することは良くある
ことなので。
乳の負荷はフォローアップミルクの量を少しずつ増やし
ていかれるのが良いと思います。その方がタンパク量の
把握ができますので。以上、参考にしてください。

食物アレルギー児の病院の選び方。ヤマシタ様

DATE : 2016/03/09  CATEGORY : アレルギー

こちらで、何度も質問させていただいております。
3歳2か月になり、半年ぶりに血液検査をしました。
ダニは振り切れているので分かりませんが、ゴマが
上がった以外は、Ige値小麦大豆卵米は、少しずつです
が下がりました。
Ige711
ダニ 100以上 クラス6? 卵白 74.2 クラス5
ミルク 7.70 クラス3? ダイズ 0.75 クラス2
コメ 7.19 クラス3? 小麦 1.83 クラス2
ジャガイモ 11.1 クラス3? ゴマ 43.1 クラス4

食域を広げる為に、小麦大豆の一部から、まずは、
あずきや豆腐を食べさせ、一ヶ月後に様子を診ること
になりました。
しかし、今回の指示を受け不安なことがあり、病院を
変わることも視野に入れ、以下、2つの病院で悩んで
います。アドバイスをいただけますよう、お願いいた
します。

a病院。完全除去を奨め、小児アレルギー科を標榜、
今まで通っていた。病院内で負荷試験はしておらず、
自宅での負荷は、自分のさじ加減でするようにという
感じ。

b病院。アレルギー学会所属のアレルギー専門医、
管理栄養士がおり食事指導あり、病院内で負荷試験が
できる。数値が高くても食べられる物は食べることを
奨める。

除去をしている品目がかなりあるので、今後、自宅で
負荷する機会が増えてくると思うんですが、a病院は、
回数量の指示もなく曖昧な点が多く不安です。聞けば
教えてくれますが、いまいちハッキリした言い方を
しません。b病院は、指導をしてくれるので心強いです
が、a病院で数値が高いからと除去していた食品も食べ
るように言われると思うと、今は良くても、食べる
ことで数値が上がり、また食べられなくなったらどう
しようという不安があります。

また、2ヶ月の子が下にいるんですが、肌の状態は良
く、アレルギー体質の上の子とは違う感じはしますが、
離乳食前に血液検査をしたいと思っています。しかし、
b病院では、離乳食前に血液検査をしてくれなさそうな
点も悩んでいます。

以上をふまえて、どちらの病院にかかるべきか、また、
完全除去をやめ、今、負荷を始めるタイミングなのか、
先生のご意見をお聞かせください。
よろしくお願いいたします。

ご質問者 ヤマシタ 様

お答えします 院長

二つの病院の大きな違いは、Aは完全除去を基本にして
数値が下がることを治癒の指針とし、食べさせるタイ
ングを考えていく感じ。これに対しBは食べさせて見て
の急性症状の有無と経過の中での慢性症状のぶり返しに
視点を置きそれが無ければ、食べられるとして、食べ
させることです。これは経口的に微量からアレルゲンを
入れて腸管免疫をつけていくという経口減感作療法に
よるアレルギーの治療法の考え方を少し加味している感
があります。
二つの病院はこのような違いがあると思います。

院内負荷試験は、院内での負荷試験が可能であり指針に
沿って具体的に負荷量を時間を追って与えることができ
ることと、看護師による症状の推移の見守りや医師に
よる定期的診察などのできる条件のある施設で施設基準
に関わる届け出を当該機関に提出していなければなりま
せん。おそらくA病院は、それがされていないので自宅
でということなのでしょう。基本的には、数値陰性にな
るまで完全除去を勧めておられるのではないでしょうか?

経口減感作療法と、経口負荷試験とは同じ食べさせてみ
るということで似ていますか、経口減感作療法は、治療
として敢えて食べさせていくという点で違うという事は
知っておいてください。

私の長年の食物アレルギー治療の実績と経験からすると
食物アレルギーは除去食療法には効果があり、検査数値
のみならず、本物の耐性獲得もできるので、小さなお子
さんでアレルギー体質の児は腸管免疫力が元々低い傾向
があると考えられるので、学齢期くらいまでは、検査値
陽性だったものは、なるべく身体に入れない様にすべき
だと思います。一歩後退二歩前進で多少の紆余曲折があ
っても必ず、数値が下がり耐性獲得していけるので努力
のかいはあります。
でも僅かな接触でも重篤な症状を起こすような児では、
その後の社会適応のためには、発作を起こしつつもアレ
ルゲンを微量から摂食させて一定量まで耐えられるよう
にしていくことができることは有用であると思います。
その意味では経口減感作療法は、画期的な方法かもしれ
ません。しかし、今のところ厚労省は、その過程の発作
の誘発による危険性と、その後の再発のあることから、
まだ実験段階の治療法であるとして、大病院で専門医の
もと、入院して行うこととしています。

下のお子さんの離乳食前の検査については、余り小さい
と検査に出にくいこともあるので、今症状がなければ、
アクの少ない野菜と米の粥でスタートして六か月半から
白身魚を加え、様子をみて七か月から豆腐と芋類、八か
月から肉類、味付け開始、九か月から十か月で三回食に
して、時々うどん(小麦)と進めていくと比較的安全です。
卵は一歳まで待ちましょう。その間にアレルギー性の
症状が出たら検査することにしてはいかがでしょうか。
以上、参考にしてください。

七か月児。IgE高値の猫アレルギー。

DATE : 2016/03/07  CATEGORY : アレルギー

初めまして。
7ヶ月半の息子のいる新米母です。
先日来春からの保育園入園に備えて念のためにと受けたア
レルギー検査の結果で、かなりのアレルギー体質と言われ
ました。我が家には猫がいるのですが、猫の皮屑がクラス
6と出てしまい...。非特異的数値も高めと言われましたが
よくわかりません。
その他の食品でも数値が出てしまいました。
結果は以下の通りです。
非特異的lg-E 1001? ネコ皮屑 100以上 クラス6
卵白 50.40 クラス5? ミルク 8.07 クラス3
大豆 3.56 クラス3???? 小麦 2.79 クラス2
オボムコイドは0.10未満でクラス0でした。

離乳食も2回食まで進んでいて、豆腐やヨーグルトは食べ
させていましたし、味付けとして粉ミルクを混ぜたりもし
ていました。特に蕁麻疹や腫れ、下痢や嘔吐といった反応
は今まで出ていなかったので、驚きの結果でした。
ただ、生後3ヶ月の頃から顔やお腹、足に湿疹があり、
頭皮はカサカサして皮膚がむけたりといった状態で皮膚科
に通院しておりました。そこでの診断では乾燥からの湿疹
で、赤くなったところだけ薄いステロイドを使用し通常は
プロペトで保湿をとのことでした。
(顔はジュクジュクした際にのみ薬を、普段はプロペトのみ
で息子の肌が強くなるためにもゆっくり治していきましょ
うという方針でしたので、)猫を飼っていることも伝えてい
ましたが、特にそれについてはなにも言われず。蒸れてい
るからであろうオムツのところはすごく綺麗な肌なので、
まずは保湿をして乾燥の時期を乗りきりましょうといった
流れでした。今は湿疹は顔のみで、他は乾燥している状態
です。ゆっくり治していこうという方針で特に疑問も持た
なかったので、すごく後悔しています。
そこでご質問なのですが、

・これらの湿疹は猫が原因なのでしょうか。
もしくは長引く肌のトラブルからネコや食べ物の成分が入
り込みアレルギー検査で反応がでてしまったのでしょうか。
・離乳食は今後どのようにすればよいのでしょうか。
該当の大豆やミルクは除去したほうがよいのでしょうか。
・アレルゲンに対して改善していく見込みと方法はあるの
でしょうか。
・非特異的lg-Eの数値を下げるにはどうしたらよいのでしょ
うか。また今後喘息や気管支炎になってしまうのでしょうか。
(主人が小児喘息だったこともあり、すごく心配です。防げ
るならば防ぎたいです。)
結果を踏まえると、猫との生活は好ましくないのだと理解は
しています。しかしながら、私の勝手な思いですが、双方と
もに罪はないので息子もネコもどうにかうまく共存できない
だろうかという願いもあり...。その反面、頬や頭を掻きなが
ら眠りに入る息子を見ると、この子にストレスをかけている
のだとも痛感し、それも良くないと感じています。たまに
クシャミもしますし、目を掻くときもあるのでこれも猫アレ
ルギーの一環ではと思えてもきます。結果を見てからの数日
前からものすごく悩んでしまい憂鬱であまりよく眠れません。
あまりのショックに急いでアレルギー科へ伺ったところ、
猫が原因での症状かは分からない。まず肌の状況を整えて
様子を見ましょう。豆腐やヨーグルトは今まで通り食べて
大丈夫。猫はシャンプーや掃除をしてフケ対策を怠らず、
喘息になったらそのときに引き離すか考えましょうとのこと
でした。
(検査をした病院ではアレルゲンをひとまず除去して食べさせ
ず、猫との接触を避けて別の曜日のアレルギー外来を予約す
るように言われただけで、詳細は外来でと言われたため違う
アレルギー科へ行った次第です)
正直なところ、どうするのが良いのか混乱しています。
長々となってしまいまして申し訳ございません。
ご見解とアドバイスをいただければ恐縮です。
宜しくお願いいたします。

ご質問者 塩谷 様

お答えします 院長&管理栄養士

非特異IgE値は、一歳未満の正常値は20ですので、非常に高く
おそらく、多項目にアレルギーを持っていると思います。
今までの皮膚の慢性症状は、アレルギーが明らかになったので
アトピー性皮膚炎と診断出来ます。そして、検査で陽性になっ
たものは全てが原因として働いていると考えられます。私共の
経験では、こういう数値の高いタイプの赤ちゃんに制限をかけ
ずにいると其々のアレルゲンに対する数値が高まるばかりか、
アレルギーを起こす物質の種類も増えていきます。
症状も、ちょうど休火山のマグマ溜まりができていくように、
いつか姿を変えて、急性症状として現れたり、気管支が過敏な
体質遺伝があれば、気管支の症状として現れる可能性もありま
す。始めに検査をした病院の、アレルゲンをひとまず除去して
猫との接触を避けるというのが正しいと思います。
ただ、ペットについては心情的に困難なのはわかりますが、
出来れば喘息を発症して、お子さんが毎日投薬や吸入などを
するようになってから決心するというのは、いかがなものでし
ょうか? 喘息経験のある旦那様と良く相談なさってください。
食べ物のアレルギーはきちんと除去していると数年のうちに
数値が下がり、学齢期頃には負荷試験をして確認すれば、給食
もO.Kになる児が多いです。しかし、ペットを含む環境アレルゲ
ン対策をおこたると、除去していても下がりにくいということ
があります。大変だと思いますが、治す方法のない難病とかで
はないので、気を強く持って、お子さんを守ってあげてくださ
い。

チャラ 様へ

DATE : 2016/03/04  CATEGORY :

それは、肝炎予防接種の副作用ではないと思います。

食べ物か、その他の原因によるもので、入浴による

加温により発症した蕁麻疹だと思います。

こうした急性蕁麻疹は原因がつかみにくいですが、

発症前に食べた物と、行動、環境をメモしておいて

次回、また発症した時に照らし合わせて、おなじ物

があった場合、それらについて一度血液検査をして

みると良いでしょう。

食べ物については、今まで食べていた物でも、突然

発症する場合があります。お宅のお子さんの場合、

それに入浴加温が引き金を引いていると考えてくだ

さい。

二歳児。卵・乳アレルギー。保育園に入所にあたって。

DATE : 2016/03/03  CATEGORY : アレルギー

2歳4ヶ月の男児、卵白4.51オボムコイド5.98ミルク
7.72βラクトグロブリン0.46です。
生後半年でアレルギーが発覚し、卵、牛乳完全除去
してきました。
卵白は先月より負荷試験をし、2gから自宅摂取、
週に4回、週に0.5g増しです。今は3g摂取しています。
入園にあたり、主治医の診断書には卵、牛乳ともに
部分除去となっていて、添加物の除去は指示されて
いません。卵はまだしも、乳に至っては乳糖すら摂取
したことはありません。
大丈夫なんでしょうか?
あと、落花生などの豆類も大豆以外は摂取してません。
事前に検査してません確認したほうがいいのでしょう
か?

ご質問者 まちゃき 様

お答えします 院長

主治医の先生の言われる「部分除去」という指示の
内容が良く分かりません。
牛乳と乳飲料、ミルクを使用したミルク煮やシチュー
はやめておくということでしょうか?
その場合、チーズ・ヨーグルトについては個別に調べ
て陰性だったのでO.Kということでしょうか?
そういうことなら、主治医の指示に従っても良いと
思います。しかし、ラクトグロブリンに対する数値は
低いことは低いですが、ミルクそのものの数値はスコ
ア陽性ではあるので、与え続けると数値が上がるかも
しれません。卵も負荷試験で急性反応が出なくても、
二次製品を摂り続けると数値が上がることが多いです。
禁止まではいかなくても、少なくとも自宅では除去を
続けて、全体の摂取量を増やさないように注意した方
が良いと思います。落花生はナッツ類として分類され
ます。今まで食べさせたことがなく、いきなり集団の
中で食べることになる食品で、お母さんが心配に思う
ものは、出来れば検査しておくか、医師の指示に従っ
て、負荷試験をしておく方が安心でしょう。

台湾在住。二歳児のアレルギー検査の結果と今後の対応。

DATE : 2016/03/02  CATEGORY : アトピー


一年前にも台湾より質問させていただきましたイケアです。
親身にお答えいただき大変助かりました。心よりお礼申し
上げます。先生のアドバイスに従い台湾でできる範囲で除
去食を進め、一年ぶりに日本で血液検査を受けてきました。
今回の医師に聞ききれなかったことが多々ありますので
またお力をお借りしたくメールしました。

昨年の検査結果1歳0か月
非特異的IgE338
ミルク59.30大豆28.30ピーナッツ16.90アーモンド12.30
卵白10.00ごま6.30米5.33オボムコイド1.85小麦1.50
今回の結果2歳0か月

非特異的IgE測定なし
牛乳76.40大豆4.23ピーナッツ4.46アーモンド6.36
卵白5.41オボムコイド1.95ごま35.90米1.01そば2.63
小麦0.62ω-5グリアジン0.10未満 ハウスダスト?0.3
5コナヒョウダニ0.15カビ?マルチアレルゲン0.17

昨年とは違う病院です。非特異的IgEの測定がなかった
のはなぜかわかりません。医師からは「おそらく小麦は
安全に食べられるから食べて良い。ごま油を使って症状が
ないなら今回数値は上がっているが、そのまま続けて良い。
乳製品、卵はもう一年除去して検査をしましょう。」
と言われました。
 今回の結果をどう見ればよいのかわかりません。昨年
秋から米アレルギーの症状が悪化しています。私はカビ
などの環境アレルゲンに対する反応が出てきたのかと思い
検査項目に入れてもらったのですが、数値は高くないよう
です。

牛乳を完全除去しているのに数値が上がりました。上の子
のヨーグルトを触ってしまった、チーズに触ってしまった、
粉チーズを使う店で食事をした、そういうことの積み重ね
が原因であると考えられますか?

卵は調理器具を共用してしまって誤食が多かったです。
顔に蕁麻疹が出る症状だけで済みましたが、卵白の数値は
下がり、オボムコイドは上がっていて結局食べられない
方向に進んでいるのでしょうか?

そして、ゴマが怖いのですが言われた通りごま油は使って
問題ないのでしょうか。たんぱく質をほとんど含まないの
だから、と私も使っていたのですがこんなに数値が上がっ
ていて使い続けることに抵抗があります。台湾ではゴマは
多用されており、その影響も大きいようには思いますが。

小麦についてです。今回の検査結果が出てからうどん、
フランスパン、そうめん、パスタが食べられることは確認
しましたが、3日開けて食べるようにすれば今後も食べさ
せて大丈夫でしょうか?米アレルギーの反応がひどくなっ
てしまい、こちらでは低アレルゲン米も精米機を持つ米屋
も見つけられずインディカ米を食べさせてきましたが、
最近になって湿疹が悪化するので食べられなくなりまし
た。小麦を食べられるとかなり救われるのですがどうで
しょうか。3日回転の場合、食べる日は一日三食小麦を
使って良いのですか?

最後にアナフィラキシーを起こした際の対応について教え
てください。10日ほど前に気管支炎で処方された薬に
タンナルビンが混ぜられていて、服用後に発作のような
咳が始まり、呼吸困難とじんましんが出て、リンデロン
シロップ5mlを飲ませてすぐ救急を受診したのですが、
この対応で良かったのでしょうか。家で様子を見て良い
のはどの程度までですか。

ご質問者 イケア 様

お答えします 院長

非特異IgEを調べなかったのは、恐らく昨年の数値を基盤
にして、今回各項目検査を見れば、総じて上がっているか
下がっているかで大体の判断がつくと思われたのだと思い
ます。私なら、念のためにセットで調べますが。

カビ・ダニは数値が低くても、0.1未満では無いので、今後
も上がらないように注意はした方が良いと思います。

最近、環境中の食物アレルゲンも問題になっています。
触ることで皮膚からの吸収もありますし、ガスとして浮遊
していると呼気により感作することも体質の過敏な人では、
注意が必要なようです。牛乳についても胡麻についても、
そうしたことも考えられるでしょう。卵のオボムコイド値
は検査誤差の範囲です。全体に、卵アレルギーは良くなっ
てきていると思います。四歳過ぎる頃にはもっと良くなる
でしょう。

ごま油はタンパク質を含まないはずですが、食べると良く
ない人もいます。私はゴマアレルギーは強い症状を起こす
ことのある食品なので、しっかり治って欲しいので胡麻で
陽性の人には、一応ごま油もやめて貰うことが多いです。

小麦は、一般に米よりアレルゲン毒性が強いとされていま
すがお宅のお子さんの場合グルテン中の毒性の強いタンパ
ク質に反応していないので、食べられると判断出来ます。
しかし、摂りすぎるとアレルギーを獲得することがあるの
で、主食として食べるのは、三日に一回一食くらいにする
と良いでしょう。

アナフラキシーの対応は、エピペンを持つのが一番安心で
すが、エピペンを入手するまでは今の対応しかないでしょ
う。呼吸器症状については危険ですので、必ず救急医療へ
。蕁麻疹は投薬して段々落ち着くようなら良いですが、
どんどん広がっていくときは、できるだけ急いで受診する
ようにしてください。

« 2016年2月 |  メイン  | 2016年4月 »

最近のエントリー

検索

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ