おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

アレルギーに関して

バナナアレルギーについて。

DATE : 2015/09/26  CATEGORY : アレルギー , 食品・食事

現在2歳半になる息子なんですが、以前は大好きだったバナナ
を全く食べなくなりました。
もともと果物が嫌いで唯一食べれるのがバナナだったので、
朝食時に頻繁に食べさせていました。それが急に嫌がるように
なり、バナナの入っているミックスジュースさえ飲むのを嫌が
ります。
私自身、昔はバナナが好きだったのですが数年前からバナナを
食べると胃が気持ち悪く、吐き気や便意をもよおし、数時間寝
込んでしまうようになり、ネットで調べたところバナナアレル
ギーの可能性がある事を知り、もしかしたら息子もなのか?
と気になりました。
今までアレルギー反応的な湿疹なども出た事がなかったので
検査も受けていないのですが、4月から幼稚園に通うので、
それまでにアレルギー検査を受けた方がいいでしょうか?
長くなりましたがよろしくお願いします。

ご質問者 もりもり 様

お答えします 院長&管理栄養士

最近、バナナアレルギーが増えています。安価で美味しく
栄養成分も果物としては比較的に良く、腹持ちも良いので美容
にも健康にも良いと思われています。しかしながら、安く出回
っているバナナは、輸入農産物で輸出する国は、美しい果物を
好む日本人のために、虫食いやカビ・腐り防止のために、自国
で消費するものとは違い、大量に農薬をかけて栽培し、輸送中
にも美しく保たれるように、収穫後にも農薬をかける場合が有
り、その残留農薬の量は半端ではありません。そのうえ、アレ
ルギーと同じような症状を呈するヒスタミン成分を多く含んで
いるため、アレルギー体質の人には禁忌としています。
かつて、日本の子育てでは、「さっちゃんはバナナが半分しか
食べられないんだよ。」と童謡で歌われたように、幼い子供に
は果物を控えめに与えることが、常識でありました。
こうした昔の育児の食べ物常識には、結構正しいことが多い様
です。日本の厚労省は2008年の学童のアレルギー調査の結果、
果物アレルギーが増えていることを受け、2009年に、乳幼児の
栄養指導指針として、乳幼児に敢えて果物の摂取を進めること
は控えるように言っています。
バナナのアレルギー反応としては口腔アレルギーが多いですが
胃腸管に連動する場合もあります。口腔アレルギーの場合は、
口に入れるとすぐに、痛みや違和感を覚えるので食べたがらな
くなります。
お宅のお子さんの場合、バナナアレルギーの疑いは濃厚です。
入園までに検査を受けることをお勧めします。

最近のエントリー

検索

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ