おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

アレルギーに関して

あれこれ様。ステロイド剤と内服薬。肉・魚の回転食。

DATE : 2015/07/10  CATEGORY : アレルギー


先生の本に、米、小麦が原因となった湿疹は重症感があり軟膏
が効きにくいとありますが、子どもも米と小麦の数値2で、ス
テロイド塗ってもかゆみが治まらず治りにくいです。

今は小児科でロコイドとプロペト1対4の混合処方ですが、皮膚
科に行くと痒いならマイザーなどの強めのステロイド処方され
ます。

マイザーは小児ではあまり使わないランクだと思いますが、
ロコイドでも痒いようですし、どちらを塗ればいいのか分かり
ません。先生はステロイドのプロペト希釈は処方されたりしま
すか?

アレルギー剤内服は、1日二回ですが、昼間はかゆみがないこ
とと、服用すると眠くなるので、夜だけ服用しています。夜に
薬を服用しても痒がります。

医師からも痒くなったら飲めばいいと言われていますが、1日
二回処方なのに、夜だけ飲むというこのような飲み方は効果が
出ないでしょうか?

鳥肌の湿疹は、小麦乳製品除去をしてみます。除去、保湿以外
に治るには
ステロイドも必要なのでしょうか?

あと、ホルモンも関係しているとありますが、低身長(2歳半82
?)もあるので、そのあたりも毛孔性湿疹と関係している可能
性があるのでしょうか?

米アレルギーあるので、カボチャなどの芋もたまにしか摂取し
ていません。

卵関係除去してるので鶏肉も頻繁に使えず、肉は豚肉が連続し
てしまう日が多く、魚は青魚はかゆみが増えるので、鮭や白身
ばかりで、連続摂取によるアレルギーにならないか不安です。


ご質問者 あれこれ 様

お答えします 院長

マイザーは非常に重症の皮膚炎がある一定期間のみは使用止む
を得ない場合に限り使います。小児には普通は処方しません。
プロぺトは油脂なので、ステロイド剤と完璧に混合するのは、
困難で、結局ステロイド剤を浮き上がらせてしまい効き目が
悪くなるので、まずロコイドを塗り、それからプロぺトを塗る
べきだと思います。ロコイド軟膏はステロイド剤としては弱い
方なので、きちんと塗って効き目を出して、少し痒みがおさま
れば休むというように間歇的に使用することで効き目も期待で
きるし副作用も少なく済みます。

抗ヒスタミン剤は、かゆみ止め・蕁麻疹予防として有効です。
昼間痒くなければ、夜のみ飲んでも良いです。今頃の季節は
湿度と暑さでも痒みが誘発されるので、涼しくしてあげて、
枕元にクーラーボックスを置き、冷たいおしぼりを用意して
置いて、痒くなったら、患部を冷やしてあげると痒みが和らぐ
でしょう。

低身長は、専門医に診断してもらい、成長ホルモンの不足が
確認された場合、ホルモン治療もあるということです。
その場合、年齢から割り出した一定の低身長基準でないといけ
ません。その結果単なる栄養不足か、遺伝の範囲かも診断して
もらうことになります。成長ホルモンの不足と毛孔性湿疹とは
全く関係ありません。

豚肉ばかり続くのは良くないです。卵アレルギーと鶏肉との
アレルギー抗原同一性はありません。鶏肉で調べてマイナス
なら鶏も遠慮せず食べて良いです。牛やマトン、なども視野
にいれ回転してください。鮭は続けて食べるとアレルギーを
おこしやすいです。色々な白身魚を回転で食べてください。
何種類もまとめて買って、まとめて調理しておき冷凍して置く
と良いでしょう。

最近のエントリー

検索

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ