おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

アレルギーに関して

重度の食物アレルギーの4歳児。

DATE : 2015/06/22  CATEGORY : アレルギー

我が家には重度の食物アレルギーを持つ4歳児がおります。
主なものは卵、乳、魚卵です。
igEは検査する度に上がり、乳はクラス6です。
経口負荷治療も試みましたが、どんなに微量でも、呼吸困難
によるチアノーゼ、血圧低下、意識混濁、全身の蕁麻疹、
激しい腹痛など深刻なアナフィラキシーショックを起こすので、
完全除去しかありません。
タマゴボーロを砕いた粉を一なめするだけで上記の症状が起こ
ってしまうことから日常が恐怖です。
それでも食べなければ生きていけると頑張ってきましたが、
一昨日リンゴアレルギーにもなってしまいました。

4月より水いぼにかかっており、治療薬のヨクイニンを朝晩処方
されていましたが、上手く飲めず、リンゴジュースで飲ませて
いたのが原因です。
リンゴジュースずっと飲んでいたので、まさかアレルギーになる
とは思っていませんでした。リンゴはアレルゲンと知っていたのに
リンゴは大丈夫だろうと思っていました。果物アレルギーは交差
反応があり、同じバラ科の果物は摂取しない方がよいとか、ラテッ
クスにもアレルギーを起こすことがあるなど知って、後悔の念で
死にたくなります。
リンゴがダメとなると、また一気に食べられるものが減りました。
一度起こってしまったアレルギーは治せないのでしょうか。
口腔アレルギーのリンゴだけでも、(喉が痒くなり、声がかすれる。
呼吸困難、じんましんなどはなし)何か方法はないでしょうか。
卵、乳がたべられない娘は今まで食べられていた果物まで食べら
れなくなったと知り、激しく落ち込んでいます。
その原因を作ってしまった自分を許せなくて申し訳なくて辛いです。
喘息適用のゾレアは使える日はくるのかとか、考えても無駄なこと
をグルグル考えてしまいます。
何かアドバイスがあればお願いします。強くあらねばならない母
なのに、情けないですが未来の展望が見えず絶望でいっぱいです。

ご質問者 めろん 様

お答えします 院長&管理栄養士

ゾレアは重い喘息の治療薬で、ステロイド剤の効果が出にくい方
などに使いますが、予防薬ではないです。アナフラキシーの呼吸器
症状の重い時、喘鳴が強い場合などに医師の判断で処方されます。
りんごアレルギーは、一旦獲得されると時間がかかりますが、全て
のバラ科果物に反応するとは限りませんので、個別に検査してもら
って確かめる価値はあります。食べさせる場合は旬の、残留農薬の
少ない物を少しずつ、また、バラ科のイチゴでも、生は反応するが
ジャムにすると大丈夫だったりする人もいて、加熱を長時間すると
アレルゲン性が下がるという報告があります。また、干し杏子や、
冷凍ベリーはいけるという方もおられましたので、調べて数値が
低ければ、色々な食べ方で、食べ過ぎと継続摂取を控えることで
食べられるものがあるかと思います。
もっと酷い、多項目の食品にアレルギーのある児を抱えたお母さん
も、たくさんおられるので、どうか悲観的にならず頑張って下さい。
食物アレルギーを持つ親の会もあります。全国的に会員さんが、
おられるので、情報交換の場にいかがでしょうか?
http://pafa.jpでアクセスしてみてください。

最近のエントリー

検索

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ