おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

アレルギーに関して

卵アレルギー。保育園に出す診断書。

DATE : 2015/04/22  CATEGORY : アレルギー

生後6か月で卵アレルギーが判明。
病院では血液検査はあまり参考にせず、食べて出ればやめてくだ
さい。と言われた。
今は3歳半で保育園へ通うようになり、保育園より診断書が必要
と言われる。
アレルギーに対してのかかりつけがなく、今まで完全除去でした。
いざ、診断書を書いてもらうとすると、血液検査だけでは書けな
い。大きな病院へ行って負荷テストを行なってどれくらい食べれ
るかの判断をしてもらって書いて下さいと言われる。
どこの病院へ連絡しても同じ回答。
今は考えが変わって、少しずつ食べて身体を慣らしていくやり方
になっている。多少、湿疹がでても徐々に食べれるようにして
いかないといけない考えになっているらしく、私の考えと合わない。

しばらく血液検査はしていない。卵は多少たべれるが、食べ続ける
と便秘になる。便秘になることはないと先生には言われたが、
実際、私自身も大人になり卵アレルギーがでて、便秘であった。
毎日、排出されるようになると症状が落ち着いたので、子供も同じ
なんだと思う。
給食のために食べさすのは嫌で小学校はいるまでにゆっくり食べ
さす予定ていたので、今は早いと考えている。診断書を書いて
もらうところがなく焦っている。本当に今はも
う食べさす時期なのでしょうか?
近場で食物アレルギー専門は大きな所一件しかない。
そこにいくのも不安でわたしと同じ考えで完全除去で診断書を
書いてもらえないという不安が大きく行くのを悩んでいます。

ご質問者 エルモ 様

お答えします 院長&管理栄養士

エルモ様は、きっと今までの当ホームページの回答をご覧になり
悩みを打ち明けてこられたのだと思います。現在はいわゆる食物
アレルギーに関する最近の診断と治療の教科書的な専門書には、
遅延型アレルギーや遅発型アレルギーによる様々な症状と、食物
アレルギーとの関与は問題にされていません。蕁麻疹や咳などの
即時型反応についても、症状が軽度で有れば、食べさせていくこ
とで免疫寛容を獲得して、食べられるようになり、IgE抗体の
数値まで下がるとの報告もあります。しかしながら、この治療法
は現場で行われ出して、まだ数年しか経っておらず、長期的に見
てアレルギー体質がどう変化していくかは、今、そうしている方
達の成長の過程を追跡して観なければ分かりません。ですので、
三歳ではまだ負荷したくないとのお考えは、私共は同感です。

便秘と卵アレルギーとの関係ですが、腹痛・下痢・嘔吐などの
消化器症状は、卵との関連が深いとの報告は最近の知見として広
く知られており、私共も成人の卵アレルギーの方で、「お腹が張る
・ガスが増える」との症状のある方を経験しています。便秘という
のは、その前段階として考えられなくは無いとも思います。

保育園への診断書ですが、子供に食べさせたくない物を与えないで
欲しいと要求することは、親の権利ですので、保育園に要求する
ことは診断書がなくても、本来権利として主張することは出来ます。
ですが、ことを穏便に進めなくてはなりませんので、まず検査を
して、陽性を確かめ、その検査データーを基に書いてくれる医師が
いなければ、保育園にデーターを見せて、お母さんの気持ちを率直

に訴えてみてははいかがでしょうか? 

昔、食物アレルギーが社会的に全く認めて
もらえなかった時代のお母さん達は、積極的に役員を引き受ける
とかして、先生方の理解を求める場や機会を作ってこられました。
悩んでいないで、お子さんのために、まず一歩を踏み出して下さい。
案外、近場の専門医が、お母さんの思いに耳を傾けてくれるかも
しれません。ご健闘をお祈りします。

最近のエントリー

検索

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ