おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

アレルギーに関して

もうすぐ9か月。卵と乳のアレルギー。治るか不安。

DATE : 2015/03/23  CATEGORY : アレルギー

こんにちは。生後4ヶ月の頃、粉ミルクを少し飲んだだけで口
周りに蕁麻疹のようなものが出て息も苦しそうで病院に行きま
した。
アレルギーの可能性があると血液検査をした結果、IgE102、牛
乳19.5クラス4、卵白1.27クラス2、オボムコイド0.27クラス
0、卵黄0.10未満クラス0でした。
そして7ヶ月に再度検査をした結果、IgE258、牛乳68.2クラス
5、卵白111クラス6、オボムコイド101クラス6、卵黄34.2クラ
ス4に上がっていました。
卵白・オボムコイドが共にクラス6なので、今後卵アレルギー
が治るかがとても不安です。
治ってる方もたくさんいらっしゃるんでしょうか?
何歳頃から良くなっていくものなのか...
不安ばかりが募ります。

ご質問者 ぷにぷに 様

お答えします 院長&管理栄養士

当面、お母さんが牛乳・卵は二次製品も含め、完全除去をして
母乳を続けた方が良いでしょう。アレルギー用のミルクにも、
反応する可能性が有るかも知れないので。離乳食はどんどん
進めてください。
10か月になれば、腸管免疫力も強くなってくるので、離乳食を
三食にして主食を 米1:水1.5 の柔らかいご飯にして一回90g
、副食は野菜・海藻を柔らかく調理して食べやすく刻んだり潰
したりして一回70g、肉・魚は15から20g程度・大豆アレルギー
が無ければ、肉・魚の変わりに豆腐30から50g程度を一食の目安
にして、昼寝と夜就寝頃とにアレルギー用ミルクを150から200
cc程あげられるでしょう。そうすれば卒乳しても大丈夫です。
その後もバランスよく食べられる食品を選んでバランス良く、
卵・牛乳の完全除去は、頑張って続けて下さい。
遅くとも、四歳を過ぎる頃には数値が下がり始め学齢期頃には
良くなってきます。ただ、それまでに、環境アレルゲンや、
その他の食べ物アレルゲンを獲得しないように、環境対策と、
食事も同じ食品を毎日続けたりしないよう注意されると良い
でしょう。
早寝早起きと外遊びで、身体を動かし、笑顔で明るく育てる
ことで、免疫力が上がり、アレルギー体質を克服することが
出来ます。希望を持って頑張って下さい。

最近のエントリー

検索

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ