おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

アレルギーに関して

高TARC値の乳児。再検査の必要性について。

DATE : 2015/02/28  CATEGORY : アレルギー

こんばんは。インターネット検索でこちらのHPにたどり着き
ました。現在6か月になる娘ですが肌トラブルが多く、今後の
治療について悩んでいます。

【経過】
●3か月半の症状●
・お風呂に入るとお腹や胸、太ももを中心に寒冷蕁麻疹のよう
に赤くなる・足首、手首、ワキが乾燥して黄色い液体が出たり、
 首、ひざ裏、ひじ裏が蒸れて真っ赤になる

ヒルドイドソフト軟膏で保湿し経過観察

●5か月半頃の症状●
・黄色い液体は出なくなったものの湿疹がひかず、離乳食を始
める前に 血液検査をしました
 ヒトTARC 16900pg/?
 アレルギー検査 卵白 0.95 オボムコイド 0.40
 IgE値も含め、その他の項目は陰性

・ヒルドイドで保湿、赤みが酷い部分にプロパデルム軟膏
0.025%、 首などの蒸れやすい部分にサトウザルベ軟膏10%と
フシジンレオ軟膏2% 少し赤みのある部分はキンダベート軟膏
0.05%上記薬を使用して経過観察。「ステロイドは数日使い続け、
症状が改善したら辞め、またひどくなったら使うというような
対処療法で」と指示がありました。

●6か月半(現在)の症状●
・1週間ほど前から目を頻繁にこするようになった
・離乳食で人参を食べさせた日に夕方?夜中にかけてぐずり、
期限が悪いことが多い
・関節部分の赤みが出て、ステロイドを辞めると関節部分に赤み
が出る

【教えていただきたいこと】
・血液検査後の診察ではできるだけ母親も生卵の食べ過ぎは避ける
ようにと指示がありましたが、完全に除去しなくて良いとのこと
だったので、パンや卵入りの食品も 食べている状態です。もっと
食事にも気を付けて完全に除去した方が良いのでしょうか。

・ヒトTARC値については、「アトピーかもしれない」との診断で
特に何も 言われませんでした。調べてみると相当高い数値のよう
なのですが、目の痒みも でてきていて精密検査をした方が良いの
か迷っています。
・普段の生活の中で気を付けることや離乳食で遅めに始めた方が
良い食品などが あれば教えていただきたいです。

長文になりましたがどうぞ宜しくお願いします。

ご質問者 miyazaki 様

お答えします 院長

TARC検査は、アトピー性皮膚炎の客観的な重症度を見るのに使われる
検査です。六か月から一歳の正常値は1367未満ですからお宅のお子さん
の重症度はかなり高いと判定されます。最近のアトピー性皮膚炎の治療
ではTARK重症度を判定し、軟膏の使い方を考え、TARK値を定期的に測定
してスキンケアと軟膏治療によってTARK値が下がり、軟膏を塗るとき
以外はアトピーのことを忘れて日常生活を送れるようにすることを
ゴールにするというやり方が、主に皮膚科の先生方によって行われて
いるようです。
お子さんは、もともと皮膚が弱く、温度差や刺激によっても皮膚症状
が出ているようです。しかし、五か月時点で卵に陽性でしたので、食物
も関与するタイプであることは間違い有りません。ただし、五か月では
まだ抗体産生が未熟ですので、全てのアレルゲンがIgE値に反映されない
場合が多いです。一歳過ぎると検査に反映されてきます。
ですので、これだけTARC値があるので、私ならお母さんが母乳でお育て
なら、お母さんには卵はしっかり除去して頂きます。
また、お母さんが赤ちゃんに食べさせて、その度に症状を確認した物は
当面やめてみることをお勧めします。
また、目の痒みは、私の経験では、お母さんが小麦を食べ過ぎている
場合もあるので、その点、見直してみてください。
離乳食の進め方については、当コーナーの「続きを読む」をクリック
して、2月17日付けの「卵アレルギーの方へ離乳食の進め方」を書いて
おりますので参考にしてください。
非特異IgEを始め、多項目の検査は、先の理由により一歳過ぎてから
検査されると良いでしょう。ただ、まれに症状やTARK値が高くても
項目の検査が陰性ばかりという方も有りますが、これはアレルギーが
IgEに由来しない他の機序で起きている方です。

入浴で温まり過ぎると、皮膚炎は悪化します。ご注意ください。

最近のエントリー

検索

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ