おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

アレルギーに関して

五歳男児。蕁麻疹でのアレルギー検査。

DATE : 2015/01/31  CATEGORY : アレルギー

以前、こども(5歳、男児)が蕁麻疹(顔、肘内側、お腹など)が
出たため、夜間救急病院を受診しました。

症状から、おそらく食べ物でアレルギーを
起こしたのだろうとのことでした。

その時は、原因は特定できませんでしたが、
今春より小学校に入学するため、
アレルギーがあるのなら原因を見つけてあげたいと思います。
アレルギー検査は、どれくらい費用がかかるのでしょうか?

蕁麻疹が出る直前にお菓子のグミを食べたようですが、
ゼラチンアレルギーの可能性もあるのでしょうか。

ご質問者 みかこ 様

お答えします 院長

蕁麻疹の既往歴が有れば、保険診療で検査を受けることが
出来ます。乳幼児医療証をお持ちなら、市町によって違い
ますが、高松市で有れば、小学校入学前三月三十一日まで
医療費が無料ですので、アレルギー症状の既往歴が有れば、
無料で検査出来ます。
ただ、小児科によっては、診療報酬の請求の違いにより、
多項目の検査をしてくれないところもあります。
アレルギー科を標榜している小児科なら、保険で、できる
範囲の13項目まで、一度の採血で調べることが出来ます。
発症した日の発症前、当院では発症前のおやつ・食事と、
もう一食前の食事まで遡って問診をとり、検査項目の判断
材料としています。
蕁麻疹の半数以上は特発性蕁麻疹で、原因が特定しにくく、
その中で、アレルギーによるものは2,3割りです。
アレルゲンは卵・牛乳・小麦・そば・果物・甲殻類・ダニ・
ペット花粉などが主です。いつも食べていても何もないのに、
突然蕁麻疹が出るということもありますので、検査はして
おいた方が良いでしょう。
蕁麻疹の他の原因として、皮膚刺激・寒冷・温熱・水・日光
汗・虫刺され・ある種の食べ物と激しい運動の組み合わせ
などもあります。また薬や食品添加物で、アレルギー性の
蕁麻疹と良く似た症状をていすることもあります。
蕁麻疹は、少数ですが、引き続いてアナフラキシーショック
の症状に繋がっていくものもあるので、既往歴のある人は、
注意が必要です。

最近のエントリー

検索

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ