おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

子育てママの必読情報

2015年7月アーカイブ

カロテンとV・B群の豊富な豆苗で簡単中華料理。

DATE : 2015/07/22  CATEGORY :

豆苗は、えんどうの若芽を茎長く摘み取ったもの。
中国野菜の一つで、カロテンとビタミンB群が豊富で、
日本でも水耕栽培の物が、安く出回っています。
また、家庭菜園でも作りやすいため、広く食べられるよう
になりました。
サッと茹でて、胡麻和え、ピーナッツ和えに、炒め物にも
彩り良く、扱いやすい野菜です。
でも、もう一工夫、メインディッシュになるお料理は無い
かしら?という方に、豆苗を簡単中華料理でご紹介します。

豆苗のホタテあんかけ
材料(4人分)
豆苗・・・2袋   サラダ油・・・大さじ1/2 
卵白・・・1個分・卵アレルギーの場合は卵白抜きでも良い。
帆立缶・・・1缶   塩・こしょう・・・少々
鶏ガラスープ・・・1カップ(無添加のフリーズドライの
スープの素を使用しても良いでしょう。)に片栗粉大さじ
一杯を溶いて準備しておく。

1、豆苗は洗って水切りし、ボウルに入れてサラダ油を
まぶし、ラップをして電子レンジで加熱する。3分から
4分程度。Wにより時間が少し変わります。

2、ラップを外して、豆苗を裏返し軽く天然塩をまぶして
ピッタリラップしてそのまま30秒置いて蒸らします。

3、片栗粉を溶いておいたスープを火にかけてかき混ぜ、
とろみが出てきたら、といた卵白を流しいれ一拍置いて
箸でゆっくり大きくかき混ぜ、帆立缶を汁ごと加え塩と
こしょうで味を整える。

4、蒸らした豆苗を深皿に盛り、上に3をかける。

« 2015年6月 |  メイン  | 2015年9月 »

ページトップへ