おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

子育てママの必読情報

2015年1月アーカイブ

低体温の子供が増えています。

DATE : 2015/01/10  CATEGORY :

朝の体温が36度に満たない子供が多くなっているという報告があります。日本体育大学で1978年から5年毎に、行われている調査の結果です。この調査では、平熱が36度未満の子供が増えているとのこと。小児の一般的な平熱は、36.5から37度ですので、これは低体温と言えるでしょう。この原因としては、何よりも運動不足による基礎体温の低下があげられています。

2から5歳頃の最も活発に動き回る時期に、行動を制限すると本来獲得すべき身体機能が身につかないと考えられます。暑さ、寒さに順応する普通の機能も得られにくく、筋肉量も減少して、結果的に熱の生産量が低下してしまうのです。

また、朝食ぬきや、外遊びをさせずエアコンなどで快適環境となった家の中で、ずっと過ごさせることも体温調節機能の発達を妨げる原因の一因とも考えられます。

早寝早起きの生活習慣。バランスの良い朝食。一日に一時間以上の外遊び。が、子供の健康づくりの基本といえましょう。

« 2014年11月 |  メイン  | 2015年3月 »

ページトップへ