おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

子育てママの必読情報

2014年4月アーカイブ

除菌効果のある洗剤・入浴剤で、健康被害のおそれ?

DATE : 2014/04/09  CATEGORY :

?薬用、除菌効果、抗菌○○・・・といった言葉書きの商品が

増えています。こうした抗菌加工の商品の中には、

トリクロサンという抗菌剤が含まれていることが有りますが、

これは内分泌かく乱物質として、海外では発達や生殖に影響

するとして問題視されています。

 2000年には米国医療協会が「抗菌剤入りの洗剤を毎日

使用することで耐性菌を生み出す危険性がある。」と米国の

医療品局(FAD)に警告しています。

そしてFADは2005年に「抗菌剤いりのせっけん類には

感染予防効果は無い。耐性菌を生み出すおそれがあるので、

安易な利用は慎むべき」という見解を発表しました。

 その他、12年の朝日新聞デジタル版で「薬用ハンドソープ

で繰り返し手洗いすると殺菌剤で筋力低下の恐れ」という

研究報告を載せています。

 また、米国とノルウェーの共同研究では、薬用せっけんや

歯磨き粉に使用されているトリクロサンにより、子供の

アレルギーへのリスクが増加すると報告しています。

すでに母乳からも濃縮されたトリクロサンが検出されている

とのこと。

 抗菌剤いりの発砲入浴剤の乳色の物は頻回使用で泌尿器・

生殖器の感染症発生率を高めるとの米国の研究報告もあり

ました。 

 普通の生活においては、きれい好き・清潔好きも程々に

したいものです。

« 2014年3月 |  メイン  | 2014年5月 »

ページトップへ