おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

子育てママの必読情報

2013年11月アーカイブ

免疫力を高めてインフルエンザなど感染症を予防する方法

DATE : 2013/11/01  CATEGORY :

免疫力を高めてインフルエンザなど感染症から身体を守るために
 
 日常生活で気をつけること

☆ 身体を冷やすと、免疫力が落ち、細胞の修復力や回復力を下げます。
  冬は特に、身体の温まる食べ物(生姜・ニンニク・大根・ごぼう・人参・
  レンコン・太葱などの根の野菜)を、意識して摂りましょう。
  お風呂はぬるめの湯にゆっくりつかり、身体の深部まで温めて、
  出るときには、手足に冷水シャワーをかけましょう。
☆ 血行とリンパ液の流れを良くすると免疫力が高まります。
  運動やマッサージを習慣にしましょう。
☆ 生命活動のかなめ、細胞内のミトコンドリアを活性化すると、
  免疫力が高まることが解っています。有酸素運動・呼吸法・良い姿勢
  などが大切です。
☆ 自律神経の乱れは、万病のもと。規則正しい生活・早寝早起き・適度な
 運動と十分な睡眠が、自律神経を整えます。特に寝不足は万病のもとです。

 意識して食べると良いもの

☆ 野菜をたっぷり摂りましょう。
  旬の野菜で、ビタミン・ミネラルのほか近年注目されているファイトケミカル
  や酵素を摂りましょう。ファイトケミカルは野菜スープで、有用酵素は、
  生のサラダや生野菜ジュース、旬の果物などで摂取しましょう。
  一日の野菜摂取目安量は、成人で、生で計って350g以上。果物は正味200gです。
  野菜は食べ過ぎるぐらいたべても大丈夫ですが、果物は、食べすぎは良く
  ありませんので注意してください。特に小さいお子さんの果物の食べすぎは、
  害があります。
☆ 天然醸造の味噌・醤油・漬物・納豆などの日本古来の発酵食品には、
  腸内細菌を良くして、腸の修復や快復の働きを強め、代謝を良くする効果や、
  解毒力を高める効果があります。また免疫力を高める活性酵素もあります。
☆ 海藻のねばねば成分フコダインは、抗酸化作用・抗癌作用・抗ウィルス作用
 があることが知られています。インフルエンザワクチン接種後に毎日フコダイン
 を摂ると、ワクチン抗体が非常に良く産生されることが、一昨年学会で発表され
 注目されました。メカブ・とろろこんぶ・若布や出汁昆布のトロトロに煮たもの
 に効果があります。
☆ 梅干の殺菌作用は知られていますが、その有効成分、梅リグナンには、
 食中毒菌・発ガン物質・胃がん原因菌のピロリ菌にも効果が確認されました。
 

« 2013年9月 |  メイン  | 2013年12月 »

ページトップへ