おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

子育てママの必読情報

2012年11月アーカイブ

免疫力を高めて、子供を感染症から守るために

DATE : 2012/11/29  CATEGORY :

免疫力を高めてインフルエンザなどから身を守る・その2
DATE : 2011/10/24  CATEGORY :
控えたいもの

 

 ☆  免疫力を下げる元凶の一位は「砂糖」。
    虫歯・糖尿病・骨粗しょう症の原因としては、知られていましたが、
    このほど、アメリカでの人体実験の結果が報告され、免疫力の低下
    に甘味品 (蜂蜜・果汁もふくむ) が大きく関わっていることが解り
    注目されています。この報告によると、細菌やウィルスを食べる白血球
  などの食細胞一個は、通常14個の細菌を食べるが、チョコレートミルク
  シェイクを飲んだあとは、2個のみ。
  もっと甘いバナナスプリットを飲んだあとは、わずか1個しか退治できない
  ということです。また、
  他の実験チームの追試報告では、人体の免疫力に関わる好中球やリンパ球
  の働きをも低下させるということが、証明されたそうです。

☆  冷たすぎる飲み物は、代謝を悪くして回復力を低下させます。
  熱のある時などの、水分補給は、冷たすぎないように注意しましょう。
  身体の具合の、悪いときは、野菜スープや梅生番茶
  (梅干の身に生姜の卸汁を加え、熱い番茶を注いで作る) などが、
  身体を癒してくれます。

☆  肉・揚げ物・インスタント食品・加工食品は、ビタミンやミネラル、
  酵素やファイトケミカルを大量に消費することを知っておいてください。

☆  化学物質・農薬・添加物・環境からの汚染物質などから、
  身体を守りましょう。こうしたものは、身体の中でフリーラジカルを増やし、
  アレルギーやガンを起こしやすくします。

 心がけたいこと

☆ 1口30回を習慣に、良く噛んで食べましょう。
  唾液の中の酵素は、発ガン物質や化学物質の毒性を弱め、また、
  肝臓の解毒作用を高めることが、報告され、国際的に認められています。

☆ 楽しく、笑って過ごすことで、体内の癌キラー細胞やリンパ球が増える
  ということが解っています。意識して笑顔を作ったり、大笑いの演技でも、
  効果はあるそうです。もちろん、心から笑うほうが効果大です。

 

 

 
 

« 2012年10月 |  メイン  | 2012年12月 »

ページトップへ