おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

子育てママの必読情報

2012年1月アーカイブ

先の「口呼吸を直す記事」に訂正箇所があります。

DATE : 2012/01/28  CATEGORY :

口呼吸を治すのに、大きな子には、吹奏楽をすすめる。

と書いたのは、間違いで、かえって口呼吸の癖が付きやすい

とのこと。

「あー」「いー」「うー」とね大きく口を開けて発声し、最後に

「べー」っと舌を出す口体操を一日30回以上を

3週間から3ヶ月続けると、自然に鼻呼吸になって、

口呼吸のせいで、不調だった健康をとりもどすことができる。

と、みらいクリニック院長の今井一彰先生の記事がありました。

夜、眠っているとき口を開けて眠ってしまう方も、効果があるかも。

口呼吸していませんか? 免疫力を高める鼻呼吸に治す方法

DATE : 2012/01/28  CATEGORY :

口で息をすると、鼻のフィルター機能が働きません。

そのために、細菌やウィルス、毒性のある空気中の化学物質や
放射能が付着したホコリなどが、直接、口から肺に送られます。

呼吸は、一番大切な生命活動です。

インフルエンザのはやっている季節。全身に悪い影響を及ぼす、

口呼吸を改善する方法についてお教えしましょう。

☆ 口呼吸をする人の四分の三は鼻閉塞です。耳鼻科に受診して

  日常の手当てで鼻閉をなおしましょう。

☆ 赤ちゃんの場合、哺乳に力のいる母乳や穴の小さめの吸い口で育てましょう。

  離乳食は「あーん」と口を開けてから「うーん」と口を閉じるように仕向けます。

☆ いつもビクビクしている子には、幼児期でも言葉かけで、ゆっくり行動させるようにします。

☆ 月齢がすすんだら、自分で持って食べさせたり、ストローでゆっくり飲むことを教えます。

☆ 大きな子供には、吹奏楽をすすめたり、日常から以下の顔筋強化の顔体操が有効です。

そのほか、口呼吸を習慣化させるのに効果のあること。お母さんの美容にも良いようです。

  ● 口笛を吹く。ハーモニカを吹く。

  ● ウィンクを左右交互にする。

  ● 変な顔でにらめっこ

  ● 上下の唇を伸ばすように大きく口を開ける。

  ● 下あごを前後左右にスライドさせる。

  ● 舌をだして尖らせたり、ベーっとさせる。

  ● ぶくぶくうがいを毎日数回丁寧に。

  ● 肺とお腹をしっかり使って深呼吸。三回から五回ずつ食前に。

   以上。家庭栄養研究会食べ物通信社の「食べ物通信」2月号より。

« 2011年11月 |  メイン  | 2012年3月 »

ページトップへ