おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

子育てママの必読情報

2011年7月アーカイブ

アセモについて。その予防と治療

DATE : 2011/07/09  CATEGORY :

アセモとは、汗腺がつまって、皮膚に炎症が起きるものです。汗によって起きる皮膚のトラブルには、

アセモの他に、汗によるカブレや、汗による蕁麻疹などもあります。

アセモは、皮膚が盛り上がったようなブツブツ(丘疹)で、透明な水滴のようなもの(水晶様汗疹)と、

赤い色のもの(紅色汗疹)の2種類が、主なものです。

透明のものは、皮膚を洗うだけで自然に良くなりますが、赤いブツブツの方は、かゆみがあり、

かきむしると、2次感染を起こして、「とびひ」になることもあるので、軟膏を塗る必要があります。

軟膏は、医師に症状を診せて相談しましょう。

オムツの中など、むれやすいところでは、真菌(tカビ)の感染であることもあります。

原因によって、使用する軟膏が違い、間違えると、かえって悪化することもあるので、

症状がひどいときは、必ず医師の診断を受けましょう。

いずれにしても、「あせも」の予防と治療は、なるべく涼しくして、汗をかかないようにして、

汗をかいたら、すみやかにシャワー・沐浴・水浴びなどで汗を洗いながすことです。

[ベビーパウダー・ローションの使用について]

皮膚の炎症は防ぎますが、汗腺をふさいでしまうので、予防という点では適切ではありません。

特に、アトピー性皮膚炎の人や、乾燥肌の人は、症状に応じた軟膏を使用しましょう。

[海水や塩水の効果]

風に当たると汗が引きますし、海水には殺菌力と炎症を抑える効果もあるので、

海水浴はよいです。家でも、洗面器一杯に塩5~10gの塩を入れた塩水で洗うのはよいです。

ただし、海水浴も塩水洗いも、必ずそのあと、真水でよくすすいでください。

[下着は着せた方が良いか? はだを出していた方が良いか?]

着ることによって、汗が増えるようでは、まずいです。着せるなら一枚「吸汗即乾」の

生地のものを着せればよいでしょう。肌を出していてもかまいませんが、

いずれにしても、マメに汗を洗い流すことです。

« 2011年5月 |  メイン  | 2011年9月 »

ページトップへ