おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

子育てママの必読情報

2010年11月アーカイブ

幼児に必要でしょうか?サプリメント

DATE : 2010/11/26  CATEGORY :

 日本生活共同組合連合会のアンケート調査によると、成人の60%の人が日常的にサプリメントを利用しているそうです。一方、錠剤・カプセル食品による過剰摂取の問題、アレルギー・発疹・腹痛・下痢・下血・体調不良などの健康被害の相談が各地の消費者センターに殺到しています。被害には個人差があると放置されてきましたが、今後大量の被害発生の可能性があると、センターでは憂慮しているようです。

 最近は、「子供用」「お子様の」「キッズ」などと子供向けサプリメントもたくさん出回って、「成長に不可欠」「背が伸びる」「頭がよくなる」などという宣伝文句で、成分は大人用サプリメントと同じ成分の物が、販売されています。国立健康・栄養研究所情報センターで、幼稚園・保育園の保護者対象の調査では、15%の幼児が栄養補給の目的で利用していることがわかりました。

 まだ、発達段階の幼児にサプリメントという濃縮物を長期に摂取させた場合、効果より副作用のほうが心配です。幼児で安全性を確認したサプリメントはほとんど無いということを知って置いてください。

資料 家庭栄養研究会 蓮尾孝子氏の論文より抜粋

文責 管理栄養士 太田 美登里 

« 2010年10月 |  メイン  | 2011年1月 »

ページトップへ